翻訳、評論の分野で活動するSNSI研究員の古村治彦のブログ
by Hfurumura
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
カテゴリ
全体
スポーツ
社会
アメリカ政治
宣伝
国際政治
pivot to Asia
中国政治
福島
日本政治
個人的なこと
学問
未分類
以前の記事
2013年 11月
2013年 10月
2013年 07月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
お気に入りブログ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2009年 02月 ( 5 )   > この月の画像一覧

シーズン最後の試合

本日は秩父宮ラグビー場で、ラグビー日本選手権・決勝、三洋電機ワイルドナイツ対サントリーサンゴリアスの試合が行われました。この試合で、日本のラグビーシーズンは終了しました。

この試合は、2008-2009ラグビーシーズンの最後の試合にふさわしい内容の試合でした。友人と話していたことですが、「スタンドオフの良いチームが強い」ことを改めて示した試合でした。

サントリーは早稲田大学時代から、素晴らしいスタンドオフであった、若い曽我部が先発で下。三洋はトニー・ブラウンという伝説級の選手がいますが、シーズン中に膵臓を傷めるという大けがのため、先発は、入江選手でした。入江選手も関東学院の全盛期に活躍し、日本代表にも選ばれています。

前半はサントリーのペースでした。フォワードの集散も早く、バックスもよく攻撃参加していました。三洋は後手後手に回っている印象でした。しかし、三洋のディフェンス力はさすがで、トライを許さず、9-3で前半を折り返しました。

そして、後半。後半20分前後は一番きつい時間帯ですが、ここで三洋はトライを2つも取ることができました。この時間帯、サントリーの選手たちは動きが悪かったです。三洋の選手たちのフィジカルの強さを改めて実感しました。

この時間帯に、三洋はスタンドオフにブラウンを投入しました。ブラウンの投入で、三洋の攻撃、特にパスがつながりだしました。曽我部選手は前半、チームの勢いに比例して、自由に動き、ドロップゴールを狙うなどしていましたが、後半は動きが封じられてしまいました。ゴードンと曽我部の違いは、チームの勢いを変えられるかどうか、ということでした。

曽我部にはもっと経験を積んで、日本を代表する、局面を打開できるスタンドオフになってもらいたいと思います。そして、日本代表には、後半20分の三洋の強さを学んでほしいと思います。日本ラグビーの打開策は、三洋のラグビーが示していると思います。

素晴らしい試合でした。
[PR]
by Hfurumura | 2009-02-28 21:08

大阪

土曜日、日曜日の午前中にかけて、大阪に行ってきました。

土曜日は時間がなくて、町を見られなかったので、日曜日の午前中になんばと梅田を歩いてきました。

宣伝の方法や、店の名前、キャッチコピーなどが東京に違いました。ひねりが利いていたり、派手だったり、
主張がはっきりしていたり。そうしたところが、大阪らしさと言われるのでしょう。

それにしても、大阪と東京は近いです。2時間半で行ける。これが日本の強さです。インフラの凄さ、これに
関してはアメリカに勝っていると思います。

インフラ整備を進めるべきだと思います。
c0196137_108333.jpg

[PR]
by Hfurumura | 2009-02-23 10:07

ウェブサイトのご案内

新しいウェブサイトを開設しました。ぜひご覧ください。

「副島隆彦の論文教室」
http://soejimaronbun.sakura.ne.jp/

よろしくお願いします。
[PR]
by Hfurumura | 2009-02-20 21:36

領土は返ってこない

麻生総理が「独創的な」領土返還アプローチを考えているそうです。1956年の日ソ共同宣言では、歯舞、色丹二島返還が謳われています。しかし、日本の公式的な立場は四島一括返還です。ロシアは二島返還の立場をとっています。平行線というやつですね。

領土問題について考えてみたいと思います。「領土が削られる」ことは、国家にとって屈辱的なことです。しかし、これは、第二次世界大戦後の日本にとっては、かなり重要なことで、実は国益に適っていたと思います。リアリズムの考えからすれば、国家にとっての最大の国益は、「生存」することです。国が滅びないことです。

戦争に負けた段階で、国家の生存はかなり不確定です。それでも、日本という国は生き残った。沖縄、北方領土、竹島などを失ったが、日本は残った。ドイツやオーストリア=ハンガリー帝国やオスマン・トルコ帝国などの帝国群は、戦争に負けて分割されてしまいました。しかし、日本は痛みを伴いながらも、生き残りました。

近代の国民国家にとって、領土は重要な構成要素ですから、実効支配している領土を他国に割譲、返還するということは戦争で負けない限りあり得ません。国境線の問題は、何も日本だけが抱えている問題ではありません。北方領土、竹島、尖閣諸島程度の問題はどこも抱えています。

問題は、この程度の問題で、隣国との関係を悪化させてはいけないということです。国境はペネトレーションされてしまうものです。人間、資本の移動は国境を軽く越えてしまいます。それによって、ナショナリズムが刺激されてしまいます。

領土が返ってこないなら、人間が国境を越えていけばいいと思います。各地域に、日本人が旅行に行き、投資をします。それで地元の人間を積極的に雇用します。共同開発すればよいと思います。お金を出す人が一番偉い人なんですから、お金を出せば、一番偉くなります。荒唐無稽な、バカバカしい話と感じる人も多いでしょうけど、他に方法はないと思います。

麻生総理の「独創的な」アプローチとは一体何でしょうか?「2」島+「4」島÷2=「3」島返還論なんでしょうか。それとも戦争でしょうか。しかし、戦争は最も伝統的なアプローチですね。
[PR]
by Hfurumura | 2009-02-19 00:50

ウェブサイト

ウェブサイトの作り方の勉強をしています。今までは、そんなことに興味を持つことなく
生きてきました。ですから、理解が遅いですが、少しずつ分かっていっています。

CSSというスタイルシート形式で管理した方が、労力が少なく、デザインがしやすいという
ことは分かりました。こんなことを書くこと自体が初心者で恥ずかしいことです。

何の世界も、知っている人と知らない人の差とは大きいものです。そして、その違いと自分の
能力を判断して、できないことは人にお願いする、ということになります。例えば、家を建てる
ことは自分でもできるかもしれないけど、大工さんに頼むということはこの判断に基づいています。

インターネットというか、ウェブサイトの世界は、その差が見えにくく、実際は大変に難しい
ものでも、簡単に見えてしまうように思います。ですから、素人でも参加できる、フリーで
オープンなスペースであると言われますが、本当にそうなのか疑問です。
[PR]
by Hfurumura | 2009-02-09 17:58