翻訳、評論の分野で活動するSNSI研究員の古村治彦のブログ
by Hfurumura
カテゴリ
全体
スポーツ
社会
アメリカ政治
宣伝
国際政治
pivot to Asia
中国政治
福島
日本政治
個人的なこと
学問
未分類
以前の記事
2013年 11月
2013年 10月
2013年 07月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
お気に入りブログ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2009年 03月 ( 23 )   > この月の画像一覧

高橋洋一教授書類送検

元財務官僚の、東洋大教授・高橋洋一氏が書類送検されました。練馬区の温泉施設で、時計と財布を盗んだ容疑です。以下に高橋氏書類送検を伝えた記事を転載貼り付けします。

(転載貼り付けはじめ)

時事ドットコム

東洋大教授を書類送検=小泉政権のブレーン-温泉脱衣所で窃盗容疑・警視庁
 天然温泉施設の脱衣所のロッカーから財布や高級腕時計を盗んだとして、警視庁練馬署は30日、窃盗容疑で、元財務官僚の東洋大経済学部教授高橋洋一容疑者(53)=東京都板橋区=を書類送検した。
 高橋容疑者は1980年に旧大蔵省入りし、小泉政権時代には竹中平蔵総務相のスタッフとして郵政民営化などを担当。退官後の昨年3月には財務省を批判する著書を出版していた。
 同署によると、「いい時計で、どんな人が持っているのか興味があり、盗んだ。申し訳ないことをした」と容疑を認めている。(2009/03/30-18:29)

http://www.jiji.com/jc/c?g=soc_30&k=2009033000777

YOMIURI ONLINE

小泉ブレーン・高橋洋一東洋大教授を窃盗容疑で書類送検


高橋洋一・東洋大教授 警視庁練馬署は30日、温泉施設のロッカーから財布や腕時計を盗んだとして、元財務官僚で東洋大教授の高橋洋一容疑者(53)を窃盗容疑で書類送検した。

 同署幹部によると、高橋容疑者は24日午後8時ごろ、東京都練馬区の温泉施設「豊島園庭の湯」の脱衣所で、区内に住む男性会社員(67)が使っていたロッカーから、現金約5万円が入った財布や、数十万円相当のブルガリの高級腕時計を盗んだ疑い。ロッカーは無施錠だったという。

 男性の通報で駆けつけた同署員が調べたところ、防犯カメラに高橋容疑者に似た男が写っていたため、浴場から出てきた高橋容疑者に事情を聞くと、盗んだことを認めたという。調べに対し、高橋容疑者は「いい時計だったので、どんな人が持っているのか興味があり、盗んでしまった」と供述しているという。

 逮捕しなかった理由について同署は「証拠隠滅の恐れがないと判断したため」としている。

 高橋容疑者は小泉政権のブレーンとして郵政民営化や道路公団民営化などを推進。安倍政権では内閣官房参事官として公務員制度改革の青写真を描いたが、2008年3月に退官。「さらば財務省!官僚すべてを敵にした男の告白」などの著書がある。東洋大は「教育に携わる者として許し難いことであり、厳正に処分を行いたい」としている。

(2009年3月30日22時28分 読売新聞)

http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20090330-OYT1T00754.htm

(転載貼り付け終わり)

どうも不自然です。書かれている記事にしても、動機にしても変です。もし時計や財布を盗んだら、そのままお風呂に入るとは考えられません。逃げるでしょう。また、動機も不自然です。「時計が欲しかった」だと分かりますが、動機では「人間に興味があった」とあります。それなら「良い時計をされていますね」と話しかけるのではないでしょうか。時計を盗むでしょうか?

これはどうも意図された書類送検ではないかと思います。高橋氏は記事にもあるように、小泉改革の黒子、竹中氏のブレインとして活躍した人物です。そして、霞が関には埋蔵金があると主張し、財務省に反旗を翻した人です。確か「脱藩官僚の会」という組織にも関わっていたはずです。

財務省、ひいては官僚にとっては、裏切り者だったわけです。また、政治家では、埋蔵金があると主張している中川秀直につながっている人物であると思います。もしくは、官僚組織を叩き潰すとしている民主党にもつながる人物でもあると思います。民主党が政権を取った場合、官僚組織解体には必要な人物であると思います。

これは、官僚組織からの警告、反撃であると思います。そして、大きく言うと、民主党(官僚組織解体を主張する、野党第一党)に対する宣戦布告ではないかと思います。これは小沢一郎の秘書逮捕と連動した動きではないかと思います。小沢一郎に対する攻撃、そうです、これはアメリカからの指令であると思います。

官僚組織は留学や研修を通じて、アメリカにキンタマをつかまれているのです。アメリカの利益(小沢つぶし)と官僚組織の利益(解体を叫ぶ民主党つぶし)が一致したのです。

国策捜査という言葉すら使いたくないです。
[PR]
by hfurumura | 2009-03-30 23:23

オバマ政権内部の争い

オバマ政権の財政政策は、日本でもよく報道されています。しかし、外交政策については、あまり報道がありません。今日はアフガニスタン政策について、ニューヨーク・タイムズ紙の記事を転載貼り付けます。

(転載貼り付けはじめ)

The New York Times

March 28, 2009

White House Debate Led to Plan to Widen Afghan Effort

By HELENE COOPER and ERIC SCHMITT

WASHINGTON — President Obama’s plan to widen United States involvement in Afghanistan came after an internal debate in which Vice President Joseph R. Biden Jr. warned against getting into a political and military quagmire, while military advisers argued that the Afghanistan war effort could be imperiled without even more troops.

All of the president’s advisers agreed that the primary goal in the region should be narrow — taking aim at Al Qaeda, as opposed to the vast attempt at nation-building the Bush administration had sought in Iraq. The question was how to get there.

The commanders in the field wanted a firmer and long-term commitment of more combat troops beyond the 17,000 that Mr. Obama had already promised to send, and a pledge that billions of dollars would be found to significantly expand the number of Afghan security forces.

Defense Secretary Robert M. Gates and Adm. Mike Mullen, chairman of the Joint Chiefs of Staff, pressed for an additional 4,000 troops to be sent to Afghanistan — but only to serve as trainers. They tempered the commanders’ request and agreed to put off any decision to order more combat troops to Afghanistan until the end of this year, when the strategy’s progress could be assessed.

During these discussions, Mr. Biden was the voice of caution, reminding the group members that they would have to sell their plans to a skeptical Congress.

This article is based on interviews with half a dozen officials who were involved in the debate. All requested anonymity because they were discussing meetings that involved classified material and the shaping of policy.

Mr. Obama left a final White House meeting in the Situation Room last Friday signaling to participants that he was close to a decision, but that he wanted to get comfortable with what he was going to do. He mulled the issue while at the Camp David presidential retreat over the weekend. On Wednesday, he told his top aides that he had made up his mind.

In announcing a plan on Friday that could be his signature foreign policy effort, Mr. Obama said that he would send more troops — some 4,000 — but stipulated that they would not carry out combat missions, and would instead be used to train the Afghan Army and the national police. He left himself open to the possibility of sending more as the situation warrants.

The debate over the past few weeks offered a glimpse into how Mr. Obama makes decisions. In this case, he chose a compromise between his political and military advisers that some critics say includes some strategic holes, such as a reliance on the same sort of vague guidelines that proved difficult to carry out in Iraq. It also offers insight into the role of Mr. Biden and other members of a foreign policy team that includes many powerful figures vying for Mr. Obama’s attention.

In the end the plan is a compromise that reflected all of the strains of the discussion among his advisers, one that is markedly different, though perhaps no less difficult, from the goals his predecessor set for the region. In speaking of Afghanistan and Iraq, President Bush spoke of lofty goals that included building nations that could stand as models of democracy in the Muslim world.

By contrast, at a White House news conference in which he invoked concerns of another possible terrorist attack on United States soil, Mr. Obama framed the issue as one that relies on one central tenet: protecting Americans from attacks like the one that occurred on Sept. 11, 2001.

To do so, he said he would increase aid to Pakistan and would, for the first time, set benchmarks for progress in fighting Al Qaeda and the Taliban in both countries. “The United States of America did not choose to fight a war in Afghanistan,” Mr. Obama said Friday in announcing his decision. “Nearly 3,000 of our people were killed on Sept. 11, 2001, for doing nothing more than going about their daily lives.

“So let me be clear: Al Qaeda and its allies — the terrorists who planned and supported the 9/11 attacks — are in Pakistan and Afghanistan,” he said. “We have a clear and focused goal to disrupt, dismantle and defeat Al Qaeda in Pakistan and Afghanistan, and to prevent their return to either country in the future.”

Even as the White House emphasized its intention to create benchmarks to measure progress made by the Afghan and Pakistani governments in combating Al Qaeda, the Taliban and other militant groups, some Congressional officials briefed on the plan voiced skepticism about how realistic those goals were.

Part of Mr. Obama’s plan includes sending hundreds of additional diplomats and civilian experts into the region.

Admiral Mullen, the Joint Chiefs chairman, submitted a classified review to the president, and among its 13 recommendations were to increase the number of American ground forces, with significant emphasis on “enablers,” such as the new training teams. He also called for rapidly expanding Afghanistan’s forces to take over security operations from the United States and NATO, as well as to expand the counternarcotics effort in Afghanistan and increase the ability of Pakistan’s military to carry out counterinsurgency operations.

During the 90-minute debate last Friday afternoon, Mr. Obama, flanked by his national security adviser, Gen. James L. Jones, on his left, and Mr. Biden on his right, went around the table to elicit the final views of his national security team.

Secretary of State Hillary Rodham Clinton and Richard C. Holbrooke, the president’s top aide on Afghanistan and Pakistan, favored wide-ranging coordinated efforts which would concentrate on corruption in Afghanistan as well as focus on training local officials and transforming agriculture in the country away from the notorious poppy fields that have been used to fuel the Taliban insurgency.

During the debate, the senior administration officials said, Mr. Biden sought to put strict parameters on the size of the additional force deployed to Afghanistan and to ensure there was a specific mission for them. Mr. Biden also cast the debate in terms of what was achievable in Mr. Obama’s first term, administration officials said.

Mr. Biden, White House officials said, was heavily influenced by the trip he took to Afghanistan and Pakistan just before the inauguration in January. He observed to Mr. Obama that if you asked 10 people on the ground what American objectives were, he would get 10 different answers. That observation, aides said, carried weight with Mr. Obama and helped to lead to his decision to narrow the American goal in Afghanistan.

Mr. Obama is dispatching Admiral Mullen and Mr. Holbrooke to Afghanistan, Pakistan and India next week to explain his new strategy to leaders there.

Chief among the aims of the two men will be to try to get Pakistani and Indian officials, in particular, to turn down the volume in their never-ending conflict, in the hopes that the Pakistani military can turn its attention to the fight against insurgents in border regions, and away from fighting India.

Afghan Soldier Kills 2 G.I.’s

An Afghan Army soldier shot dead two United States servicemen and wounded a third before killing himself in northeast Afghanistan on Friday, the United States military said.

The Afghan soldier fired at the American troops, killing one and wounding two others, one of whom died later, the military said.

Thom Shanker and Mark Mazzetti contributed reporting.

(転載貼り付け終わり)

上に貼り付けた記事は、まず、タイトルが変更されています。昨日(2009年3月28日)の午前中に読み、印刷した段階で、タイトルは"Obama Plan Would Narow War Goals In Afghanistan"でした。しかし、現在のタイトルは、"White House Debate Led to Plan to Widen Afghan Effort"となっています。中身は変更されていません。タイトルの変更によって、印象は正反対になります。

最初のタイトルでは、オバマ大統領のアフガニスタン政策は縮小される、という印象になります。一方、現在のタイトルでは、オバマのアフガニスタン政策は拡大される、アメリカ軍の増派は実行される、という印象になります。

記事を読むと、バイデン副大統領は縮小派、国防総省・ヒラリー国務長官・ホルブルック特使は拡大派で、それぞれがオバマ大統領の決定に影響を与えようとしている、という内容です。

以前にも書きましたが、イスラエル・ロビー(ネオコン派)が復活してきています。アフガニスタン政策(アルカイーダとタリバンを叩くために、アフガニスタンに、軍を増派する)は、オバマ大統領の選挙公約でしたが、バイデン副大統領は実際に視察をしたうえで、縮小を主張しています。

しかし、政権内のイスラエル・ロビー(ネオコン派)の勢力が強く、アフガニスタン戦争は、イラク戦争のようになってしまうでしょう。彼らは、金科玉条の、「民主化」を振りかざしてくるでしょう。

その民主化が、他国には迷惑なのです。
[PR]
by hfurumura | 2009-03-29 16:28

ユニフォーム

WBCのニュースが駆け巡った一週間でした。決勝戦やそのほかの試合が繰り返し流され、ちょっと飽きてきました。ちょっと疑問に思ったのが、ユニフォームは誰がいつ、デザインしたのかな、ということです。

北京は縦じまでしたし、昔のアマチュア主体の頃は、濃紺に「J」でした。記憶があいまいですが。まぁ、強ければ、素晴らしいユニフォームに見えてくるから不思議なものです。

昔のプロ野球のことも好きなものですから、Youtubeで過去のプロ野球の映像、特に南海ホークス、西鉄ライオンズの記録映像を見ました。白黒ですかr、色は分かりません。西鉄は濃紺、南海は僕も記憶がありますが、モス・グリーンがチームカラーでした。

それぞれの球団旗、ロゴ、シンボルマークなどを見ましたが、やはりかっこいい。ライオンズは、飾り文字っぽい感じで、ホークスは筆記体。それぞれに味があります。ライオンズは車輪が球団旗に入っているし、ホークスの鷹のマークは、現在からみても、斬新ではないかと思います。デザインの専門家ではないから、あくまで感覚ですが。

しかし、阪急ブレーブス、近鉄バファローズにはそこまで思い入れがありません。なぜか、というと、そこに物語がないからでしょう。両球団のファンには申し訳ありません。両球団とも私が生まれて、野球を見るようになってからは、強豪チームでしたし、野球が本当に好きな人たちは、両球団のファンでありました。

記号としてのシンボルマークに、人々が語り続けたいと思う物語が組み合わされ、伝説が生まれるのではないかと思います。そして、できるなら、その物語には悲劇性があるべきなのではないか、と思います。その点で、阪急ブレーブス、近鉄バファローズは悲劇性がなかったと思います。

南海ホークスの球団歌、気に入りました。南海ホークス、さぁ行こう!

なんばパークス、もう一回行って歩きたいと思います。
c0196137_0401939.jpg

[PR]
by hfurumura | 2009-03-29 01:47

小沢退陣論

民主党の参議院議員総会と代議士会が開かれました。ここで、小沢一郎代表がお詫びと報告を行いました。

参議院議員総会では質問がなく(姫井議員が質問しようとしたところ、遮られていました)、代議士会では、近藤洋介議員と小宮山洋子議員が辞任を迫りました。「国民の8割が辞任を求めている」、「私の耳に入る範囲ではそうした声が大勢だ」という趣旨の発言をしていました。

小宮山議員は、加藤一郎元東大総長の長女で、NHKのアナウンサーだった人です。近藤議員は、近藤鉄雄労相(元河本派)の子息で、慶大から日経新聞を経て、東北ブロックの比例代表で当選した人です。地元は山形のようです。小宮山議員のことはここでは触れずにおきます。

近藤議員は、日経新聞に11年間、勤務していたということです。日経新聞とテレビ東京は目立たないながら、親米派の拠点となっているようです。今日の田勢康弘の番組も、自民、民主両党を批判しながら、結局、小沢批判を繰り返してばかりでした。あなたは、田中派の番記者で、ずっと政治の中枢を見てきた人であるなら、一貫して、政治資金のことを批判し続けるべきだった。しかし、小沢の秘書の逮捕から、妙に、政治資金のことを言うようになり、政治は汚く、小沢はその中心にいたということを言う。あなたも中心にいたのに。

近藤議員も慶大在学中、もしくは日経新聞在職中、ハーバード大学やコロンビア大学に留学させてもらって、「国際派」になってきたのではないでしょうか。アメリカ人の友人、知人が多く、その中には、国務省やら国防総省の高官になっている人たち、もしくはアメリカの銀行や大企業の高い地位についている人たちもいるのではないでしょうか。

お友達を大事にすることは大事ですが、票を入れてくださった方々がもっと大切なはずです。
[PR]
by hfurumura | 2009-03-28 15:40

宣伝

ウェブサイト「副島隆彦の論文教室」に掲載した論文について宣伝します。

http://soejimaronbun.sakura.ne.jp

上のウェブサイトにいくつかの論文を掲載しました。

ひとつめは、原岡弘行(はらおかひろゆき)氏の論文です。これはちょっと変わった内容の論文です。「分かるとは」、「理解するとは」ということを考えさせられる論文です。ふたつめは、鳥生守(とりうまもる)氏の論文です。環境問題に対する斬新なアイデアを提案しています。

是非、お読みください。

今週はWBCがニュースを独占しました。代表選手たちが大きく注目されました。そして、いよいよ球春開幕です。プロ野球と、大学野球が始まります。代表選手たちだけではなく、素晴らしい選手がいます。野球への注目が増えるのは嬉しい限りです。

もう一つの注目は選挙です。予算が成立し、小沢一郎が苦境にある今、総選挙ということが考えられます。ここを逃すと、9月まではないのではないか、麻生はサミットでかっこつけたいだろうし、と思います。麻生がかっこつけても支持率はあがらないだろうし、それならダラダラ9月までいくのでしょう。

小沢の秘書を逮捕した段階では、予算成立後の解散総選挙の可能性が高かったのでしょう。今週は、小沢の秘書の起訴がありましたので、シナリオでは、この時期、小沢は代表辞任、麻生の人気回復ということになっていたはずでしょう。

しかし、実際には、小沢は持ちこたえたし、麻生は低空飛行のままです。ということで、ダラダラ続いていくのでしょう。ダラダラは良くないという意見もあるでしょうけどね。
[PR]
by hfurumura | 2009-03-28 00:21

オバマ外交の変節と小沢一郎への攻撃

アメリカのオバマ大統領は、大きな期待感を持って迎えられました。これまでは異なった政策を打ち出してくると、アメリカだけでなく、世界中の人々が期待をしました。選挙戦中、オバマ大統領はことあるごとに、「イエス・ウィ・キャン」、「チェンジ」を繰り返しました。

世界の人々は、アメリカの、独りよがりの、押し付けがましい外交政策にうんざりしていました。アメリカの人々は、出口の見えないイラク戦争にうんざりしていました。オバマ大統領は、「イラクからアメリカ軍を撤退させる」、「世界の国々と話し合う」と、選挙戦期間中、公約として繰り返し語っていました。

オバマ大統領は、国務長官(アメリカの外務大臣)に、ヒラリー・クリントンを指名しました。また、中東和平担当特使にジョージ・ミッチェル元上院議員、アフガニスタン・パキスタン担当特別代表にリチャード・ホルブルック元国連大使を任命しました。

オバマ大統領は、イラクからの米軍撤退を進めると同時に、アフガニスタンへの米軍増派を決定しています。

オバマ大統領は、就任以降、人々の期待を裏切り、アメリカの外交政策を大きくチェンジさせることができていない、もしくはできないようにさせられている、と考えられます。

その一例として、アメリカの諜報・情報機関のトップに指名されるはずだった、チャールズ・フリーマンが、国家情報会議議長の指名を辞退したことが挙げられます。

チャールズ・フリーマンは、国務省で数々の要職を歴任してきました。その中で、重要なものは、米サウジアラビア大使(父ブッシュ政権時代、湾岸戦争中)、国防次官、中東政策会議(Middle East Policy Council)という団体の会長を務めました。フリーマンは、イスラエルに対し、批判的な言動が多く、「サウジアラビアの代理人」と評されてきました。フリーマンの指名辞退は、〈イスラエル・ロビー〉の圧力が原因です。以下に「ニューヨーク・タイムズ」紙2009年3月12日付の記事を転載します。

(転載貼り付けはじめ)

March 12, 2009
Israel Stance Was Undoing of Nominee for Intelligence Post
By MARK MAZZETTI and HELENE COOPER
WASHINGTON — When Dennis C. Blair, the director of national intelligence, announced that he would install Charles W. Freeman Jr. in a top intelligence post, the decision surprised some in the White House who worried that the selection could be controversial and an unnecessary distraction, according to administration officials.
Just how controversial the choice would be became clear on Tuesday, when Mr. Freeman, a former ambassador to Saudi Arabia under the first President Bush, angrily withdrew his name from consideration and charged that he had been the victim of a concerted campaign by what he called “the Israel lobby.”

Mr. Freeman had long been critical of Israel, with a bluntness that American officials rarely voice in public about a staunch American ally. In 2006, he warned that, “left to its own devices, the Israeli establishment will make decisions that harm Israelis, threaten all associated with them and enrage those who are not.”

He did not soften his tone even on Wednesday, saying in an interview that “Israel is driving itself toward a cliff, and it is irresponsible not to question Israeli policy and to decide what is best for the American people.”

The critics who led the effort to derail Mr. Freeman argued that such views reflected a bias that could not be tolerated in someone who, as chairman of the National Intelligence Council, would have overseen the production of what are supposed to be policy-neutral intelligence assessments destined for the president’s desk.

Some of Mr. Freeman’s defenders say his views on Israel are extreme only when seen through the lens of American political life, and they asked whether it was possible to question American support for Israel without being either muzzled or marginalized.

“The reality of Washington is that our political landscape finds it difficult to assimilate any criticism of any segment of the Israeli leadership,” said Robert W. Jordan, who was ambassador to Saudi Arabia from 2001 to 2003.

The lobbying campaign against Mr. Freeman included telephone calls to the White House from prominent lawmakers, including Senator Charles E. Schumer, the New York Democrat. It appears to have been kicked off three weeks ago in a blog post by Steven J. Rosen, a former top official of the American Israel Public Affairs Committee, a pro-Israel lobbying group.

On the Middle East, Mr. Rosen wrote, Mr. Freeman’s views are “what you would expect in the Saudi Foreign Ministry,” rather than from someone who would become essentially the government’s top intelligence analyst.

Because President Obama himself has been viewed with suspicion among many pro-Israel groups, the attacks on Mr. Freeman had the potential to touch a nerve. Many of these groups applauded Mr. Obama’s appointments of Hillary Rodham Clinton as secretary of state and Dennis B. Ross as a special adviser for Iran and Persian Gulf issues, but remain suspicious of other members of his administration who will be dealing with Arab-Israeli matters.

After complaints from some pro-Israel groups during his presidential campaign, Mr. Obama distanced himself from Zbigniew Brzezinski, the national security adviser under President Jimmy Carter, who has sometimes been critical of Israel.

Five days after Mr. Rosen’s blog item appeared, Senator Schumer telephoned Rahm Emanuel, the White House chief of staff, to ensure that the White House was aware of Mr. Freeman’s past comments about Israel. According to Senator Schumer, his staff then sent the White House copies of the statements.
Mr. Schumer said that Mr. Freeman showed an “irrational hatred of Israel” and that his statements were “over the top.”

Mr. Freeman said that nobody in the White House ever pressured him to withdraw. He said that he and Mr. Blair had agreed on Tuesday afternoon that he should step aside to avoid any perception of taint to the intelligence assessments he would have overseen at the National Intelligence Council. Hours earlier, Mr. Blair defended Mr. Freeman for his strong views and quick mind, and said he hoped he would challenge an intelligence community that for years had been criticized for groupthink.

In the days after Senator Schumer’s first phone call, other lawmakers and pro-Israel groups began applying pressure on the White House. Representative Steve Israel, a New York Democrat, also called Mr. Emanuel about the pick, and pushed Mr. Blair’s inspector general to examine possible conflicts of interest surrounding Mr. Freeman’s relationships with the Chinese and Saudi governments.

“I was prepared to present my case to anyone at the White House who would listen to it,” Representative Israel said.

Pro-Israel groups weighed in with lower-ranking White House officials. The Zionist Organization of America sent out an “action alert” urging members to ask Congress for an investigation of Mr. Freeman’s “past and current activities on behalf of the Kingdom of Saudi Arabia.”

With opposition to Mr. Freeman mounting, many in the White House were debating the wisdom of the selection, despite Mr. Blair’s public support for him. “In conversations with people associated with this administration, I never detected any enthusiasm for this pick,” said Ira N. Forman, executive director of the National Jewish Democratic Council.

Robert Gibbs, the White House spokesman, declined to comment on Wednesday.

Before his ambassadorship, Mr. Freeman held a variety of State Department posts. Since leaving government, he has worked with nonprofit groups and on the board of the state-owned China National Offshore Oil Corporation, a past position that his critics said could be a conflict of interest in his new job.

As head of the Middle East Policy Council, he was a frequent critic of policy toward Israel. In a speech in 2005 he said that “as long as the United States continues unconditionally to provide the subsidies and political protection that make the Israeli occupation and the high-handed and self-defeating policies it engenders possible, there is little, if any, reason to hope that anything resembling the former peace process can be resurrected.”

Critics also unearthed e-mail messages attributed to Mr. Freeman that seemed to support the Tiananmen Square crackdown in 1989, saying it was not “acceptable for any country to allow the heart of its national capital to be occupied by dissidents intent on disrupting the normal functions of government, however appealing to foreigners their propaganda may be.”

Mr. Freeman said Wednesday that the passage was taken out of context, and that he had been describing the dominant view in China in the years after the crackdown.

Mr. Freeman, who severed his financial and professional ties to several organizations to re-enter government, said he had yet to decide what was next for him.

“I’m in a position to redefine my life and to press the reset button, and you don’t get that very often,” he said.

http://www.nytimes.com/2009/03/12/washington/12lobby.html?_r=1&sq=Israel%20Lobby&st=cse&scp=3&pagewanted=print

(転載貼り付け終わり)

古村治彦です。

この記事では、イスラエル・ロビーに属する、上下両院の議員たちが、ホワイトハウスに電話をしている様子が描かれています。特に重要なのは、ホワイトハウスの高官の中で、ラウム・エマニュエル大統領首席補佐官に電話をしていることです。エマニュエルは、アメリカとイスラエルの二重国籍で、父親は、イスラエルの過激派「イルグン」に参加していた人物です。エマニュエルが親イスラエルであることは、疑う余地もありません。

また、この記事の中でも、指摘されていますが、国務長官のヒラリー・クリントンが国務長官に、デニス・ロスが中東担当特別顧問に任命されたことを、親イスラエル派のグループが喜んでいることが指摘されています。上の記事では、親イスラエル派のグループの標的は、デニス・ブレア国家情報長官である、としています。

親イスラエル派、イスラエル・ロビーは、オバマ政権になることで、外交政策が変化することを恐れていました。しかし、ヒラリー・クリントンが国務長官になり、ラウム・エマニュエルが大統領首席補佐官になり、そして、フリーマンの指名が撤回されました。イスラエル・ロビーの力は、まだまだ健在で、衰えていないのです。

オピニオン誌「ナショナル・インタレスト」の編集者である、ロバート・ドレイファスは、自身のブログで、「オバマ外交政策の死」という刺激的なタイトルの文章を掲載しています。以下に転載します。

(転載貼り付けはじめ)

The Nation

Assault on Obama's Foreign Policy
posted by Robert Dreyfuss on 03/16/2009 @ 08:49am
Having taken Chas Freeman's scalp, the neoconservatives, GOP hardliners, and the Israel lobby are looking for fresh blood, and they might feel emboldened enough to start taking the the whole of Barack Obama's foreign policy.
The newest target in their sights is Dennis Blair, the director of national intelligence, who is the man who appointed and defended Freeman. According to Newsweek Blair is under attack not only over Freeman, but because he's named John Deutch to a temporary post reviewing US spy-satellite programs. The unnamed "critics" cited by the magazine aren't after Blair because of Freeman and Deutch, of course, but because they're feeling enough oats to try to knock off a much higher-level target. Report Mark Hosenball and Michael Isikoff:
Add president Obama's national intelligence czar, Dennis Blair, to the list of embattled top-level appointees. Blair, a retired four-star Navy admiral who attended Oxford with Bill Clinton, courted controversy among pro-Israel and anti-China activists this month when he named Charles (Chas) Freeman, an outspoken former ambassador to Saudi Arabia, to chair the National Intelligence Council, a committee of the government's top intel analysts. After House Speaker Nancy Pelosi and other pols complained to the White House, Freeman abruptly withdrew. Now both Republican and Democratic intel experts are raising questions about another Blair pick: John Deutch, a former CIA director once accused of major security lapses, who's been appointed to a temporary panel reviewing troubled, top-secret spy-satellite programs.
Congressional critics, including some Democrats, say the two appointments illustrate Blair's tin ear.
The start of an attack on Blair is just one aspect of the beginning of the assault on Obama's foreign policy, as Fareed Zakaria points out. Yesterday, Zakaria invited Freeman to appear on his CNN program, Fareed Zakaria GPS. Today, writing in the Washington Post, Zakaria has a remarkable op-ed saying that the "Washington establishment" is beginning to worry about Obama's plans:
The Washington establishment is mostly fretting, dismayed in one way or another by [Obama's] moves. The conservative backlash has been almost comical in its fury. ...
The problem with American foreign policy goes beyond George Bush. It includes a Washington establishment that has gotten comfortable with the exercise of American hegemony and treats compromise as treason and negotiations as appeasement. Other countries can have no legitimate interests of their own. The only way to deal with them is by issuing a series of maximalist demands. This is not foreign policy; it's imperial policy. And it isn't likely to work in today's world.
Dick Cheney's statement on CNN yesterday that Obama has put Americans at greater risk of a terrorist attack may be an opening shot. "He is making some choices that, in my mind, will, in fact, raise the risk to the American people of another attack," Cheney warned.
UPDATE: Here's an exchange from today's White House briefing on Cheney's complaints, when a reporter asked the White House spokesman about what Cheney said
Q If I could follow up, former Vice President Cheney was on "State of the Union" yesterday -- and a lot of criticism of this White House. To boil it down, on national security, he said the President's policies are making the country less safe. And on the economy, he was charging that the President is taking advantage of the financial crisis to vastly expand the government in all kinds of ways -- health, education, energy. How do you respond to those kinds of allegations from the former Vice President?
MR. GIBBS: Well, I guess Rush Limbaugh was busy -- (laughter) -- so they trotted out the next most popular member of the Republican cabal. (Laughter.)
http://www.thenation.com/blogs/dreyfuss/417932/assault_on_obama_s_foreign_policy

(転載貼り付け終わり)

上の記事の中で、ドレイファスは、「ワシントンの既得権益保持者たち」(ファリード・ザカーリアの命名)は、ブッシュ大統領の路線から、オバマ大統領の外交政策がどのように変化するか、を心配していたと書いています。しかし、オバマ政権発足後、50日間で、その心配は払しょくされていると指摘しています。また、チェイニー元副大統領も、オバマ大統領の外交政策について、「テロリストによる攻撃の危険性が高まっている」と指摘している、ことをドレイファスは書いています。

フリーマンの指名辞退、という事態によって、オバマ政権の外交政策の先行きが怪しくなってきました。アメリカでは、イスラエル・ロビー(その裏にネオコン派)の巻き返しが起こっているようです。ネオコン派は当分表舞台に出てこられないでしょうが、何かあれば、また復活してくるでしょう。

その「何か」とは、ずばり、テロ攻撃です。アメリカ本土で起きなくても、アメリカに関連する人物や建物が攻撃されることはありえます。そして、911事件の時と同じように、アメリカが自作自演をすることもまた可能性があるのです。チェイニー元副大統領が、テロ攻撃の危険性に言及したことは、何か起こる(起こす)と宣言している、と考えられます。もしかしたら、オバマ暗殺がそれに当たるのかもしれません。

こうして考えると、小沢一郎や二階俊博に加えられた攻撃は、アメリカ国内の争いを反映していると見ることができます。ヒラリー・クリントンが小沢に会いました。「政権交代の可能性のある野党第一党の党首に会い、日本の様々な人々の、多様な考えを聞く」と、クリントンはインタビューで、その意図を答えていました。ここで、クリントンは小沢を面接し、恫喝したのでしょう。しかし、小沢は屈しなかったので、狙われたのでしょう。

また、小沢のアメリカの第七艦隊に関する発言は、アメリカにとっては、「属国の危険な政治家がアメリカに内政干渉してきた」ということになるのです。小沢の続投宣言の後、小沢に辞任要求している、民主党の議員たちの顔ぶれをよく覚えておきましょう。彼らは、アメリカに従うことを決めた人々ですからね。オバマの公約通りなら、小沢を恫喝するような人物を国務長官にはしなかったでしょう。

現在の世界大恐慌のせいで、外交政策はあまり報道されませんが、気をつけて見ていきたいと思います。
[PR]
by Hfurumura | 2009-03-26 00:41

WBC決勝戦

日本がWBCの決勝戦に進出を決めました。アメリカを9-4で破りました。

4回の裏の日本の攻撃、福留の2ゴロをアメリカのセカンド・ロバーツ選手がミス(エラー)をしてしまい、同点としてしまったことが、勝負の分かれ目でした。それと、ライトのダン選手が小笠原選手を3塁まで進めてしまったこともミスでした。ダン選手はライトを守るべき選手ではありませんでした。現代野球において、ライトの重要性は高まっています。ライパチなんて言葉も昔はありましたが。

あとは、川崎選手の活躍も目を見張るものがありました。川崎選手は第1回大会ではレギュラーでしたが、今大会は、控えに甘んじてきました。原監督の打力優先の選手起用で、控えに甘んじながら、チームに対する貢献度は大変高かったし、川崎を使うべき、という声も大きかったですね。それに応える川崎選手はさすがです。今日は打てませんでしたが、青木選手はヒットを量産してきました。大変に素晴らしい選手です。

よく日本のチームは、監督の名前をつけられて呼ばれます。王ジャパン、長嶋ジャパン、星野ジャパン、岡田ジャパンなどなど。今回は侍ジャパンで、これもどうかと思いますが。○○ジャパンであっても、フィールド内では、選手がリーダーシップを執らねばなりません。イチロー選手は今大会不調ですが、そのカリスマでリーダーシップを発揮しているし、稲葉選手、小笠原両選手もまた、ファイターズ、ジャイアンツでの時と同様、背中で引っ張っている感じです。そして、川崎選手、彼もまたリーダーでしょう。

リーダーになるということは、実に大変なことだと身近のリーダーを見ても思います。うまくやって当り前で、失敗したら怒られる訳ですから、割に合わないと思います。何より判断を間違うと周囲に迷惑をかけてしまいます。ですから、リーダーとは年齢と経験がある程度重要であると思います。そして周りから認めらることも重要で、周りにコンプレックスを持ってしまうような場合はうまくいかないでしょう。つまらない話ですが、私の場合はそうでした。

自分のコンプレックスとどう向き合うか、がリーダーにとって重要であったのだ、と今は思います。自分がコンプレックスを持ってしまう人間は優秀で、仕事ができる人々ですから、組織にとっては不可欠です。だから、「あの人は周りに恵まれているよね」と言われることが、実はリーダーにとっては幸せな状態なのかもしれません。

「自分はだめな人間ですよ」と言いながら、実はそう思っていなくて周りを利用する、これがリーダーなのでしょう。しかし、そんな計算をしていたら、周囲が付いてこない、面従腹背となる、ということも起こるので、人間としての魅力も必要なんでしょう。リーダーになんてならない方が良いですね、これじゃ。大変だもの。
[PR]
by Hfurumura | 2009-03-23 22:47

旧吉田茂邸全焼

本日未明、神奈川県大礒町にある旧吉田茂邸が全焼しました。

午前6時過ぎには炎に包まれ、消火に苦労したようです。

これは放火でしょう。

早朝に観光客がいるわけはないし、誰も住んでいないので火の気があるわけもありません。前日は開放されて、観光客でにぎわっていたそうですが、自動発火装置を仕掛ける可能性はあるにしても、考えにくい。管理人に見つかるかもしれないし、警備員が一定時間に巡回しているそうですから。

これは故意に火をつけたとしか考えられません。いくら乾燥していたとはいえ、文化財でもあるし、火災の際の消火マニュアルはあったと考えられますし、消防も、表現は悪いですが、普通の火災に比べ、力こぶを入れて消火に当たったはずなのに、全焼というのは不自然で、燃えやすいように、薬品などが使われたのではないかと思います。

では、誰が、どうして放火などしたのか、ということになります。ここからは推測です。

一つ目の可能性は、警備員が巡回の途中でたばこを吸ってしまったので、故意ではなく、事故だというストーリー。二つ目は、どこかにいる、精神的に不安定な人、もしくは精神科に通院歴がある人が、心神耗弱の状態で、放火をしてしまった、というストーリー。三番目は、秋葉原の無差別殺傷事件のように、社会に不満がある(とされる)人間が、麻生太郎総理(吉田茂の孫)に対する恨みからむしゃくしゃして放火したというストーリー。

しかし、真犯人は別にいるのではないかと思います。誰かは分かりませんが。また、意図は隠されたままだと思います。しかし、あれだけの建物を全焼される手口が、無力な個人にできるでしょうか。私はできないと思います。忍び込んで、何かしら薬品を撒き、火をつける。そして、消防が手を焼くほどの火災にする。これは特殊な訓練を受けないとできないのではなないかと思います。

横浜にある旧住友別邸も全焼しました。住友がロスチャイルドの系列であることを考えると、ここに考えるヒントがあると思います。横浜港開港記念150周年というおめでたい(?)年に、その周辺で、日本の外交政策を彩った建物が放火されています。日本のロスチャイルドに連なる企業、団体、個人に対する攻撃、警告であると考えられると思います。

世界中の人脈と系列について、日本で一番研究しているのは、『世界を動かす人脈』の著者、中田安彦氏です。中田安彦氏のブログをぜひお読みください。
[PR]
by Hfurumura | 2009-03-22 21:46

解雇処分(反省と反論をこめて)

こんなことを書いていいのか分かりませんが、何に書いていいのか、何を書いていいのか分からず、ここに書きます。今の混乱した頭を落ち着かせたいと思います。

 今日(正確には2009年3月21日)、勤務先から解雇処分(馘首)を言い渡されました。理由は教えてもらえませんでしたが、私の尊大さが招いたものだと、反省をします。と書いても、信じてもらえないほどに、私は尊大であったと思います。

 私は、今、自分自身を嫌悪しています。こんなことは尾崎豊好きの中高生が書くようなことですが、失敗すると、やはり自分が情けなくなります。年齢がいくつになっても、やはりそうではないかと思います。

 「自分が正しいとばかり思っている」という指摘を受けましたが、これについて私の考えを述べたいと思います。自分が正しいと思うことを意見として述べることはありました。しかし、自分が正しいとは思っていません。自分の意見が通らないことで、悪感情を募らせることはなかったとは言えないけど、飛びぬけて多かったとは思いません。こ

 また、「他人を下に見ていた」ということは、そういう態度であったことは、そうならないように努力したとは思いますが、それがちゃんとできていなかったと思います。しかし、人を見下すということはしたくないと思い、そうしないように努力しなくては、と常々思っていました。

 こんな言い訳を書いても、結果はできていなかったのだから、これからは、教訓として、反省していかねばなりません。

 「あなたには何を言っても無駄だ」という態度を取る人がいます。その上から見た態度、はっきり言って、不快です。相手に分かってもらえるまで、たとえそれができなくても、相手に何かを言う、という努力を最初から放棄して、何か合意ができるのでしょうか。

 「自分が下に見られている」という感情を、そこで逆転させているとしか思えません。こんな中学生みたいなことを書いては駄目ですよね。分かっているんだけど、感情的になってしまいます。

 冷静沈着と、諦観と、本当は欲しいのです。それが無理だから「酔生夢死」ってタイトルにしているんですが。「泥酔餓死」にならないようにしなくては。

 こんな不快な文章は最悪です。読んでもらえた人たちにも申し訳ないと思います。

 ただひとつ、最後に言いたいこと。官僚主義に未来はないし、文章を売りにしている団体で、文章を書かない人たち数名に毎月高額の給料が支払われているのはやはりおかしい。そして、昼間からゲームをしている、トランプをしている、映画を見ている、人から「天佑に似た貴重なお金」と言って集めたお金を無駄にしている。それはやはりおかしいのではないでしょうか。

(終わり)
[PR]
by Hfurumura | 2009-03-22 00:26 | 個人的なこと

宣伝

私が立ち上げ・管理をしていますウェブサイトの宣伝をします。

「副島隆彦の論文教室」 http://soejimaronbun.sakura.ne.jp

今のところ、論文しかないのですが、内容には自信があります。

山田宏哉氏の論文は、アメリカの石油業界の歴史が大変わかりやすく
詳述しています。これからますます多くの執筆者たちがさまざまな内容の
論文を書く予定です。

このブログで書くことで宣伝になるか分かりませんが、ご覧いただければ
幸いです。

「副島隆彦の論文教室」 http://soejimaronbun.sakura.ne.jp

よろしくお願いいたします。
[PR]
by Hfurumura | 2009-03-21 10:04