翻訳、評論の分野で活動するSNSI研究員の古村治彦のブログ
by Hfurumura
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
カテゴリ
全体
スポーツ
社会
アメリカ政治
宣伝
国際政治
pivot to Asia
中国政治
福島
日本政治
個人的なこと
学問
未分類
以前の記事
2013年 11月
2013年 10月
2013年 07月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
お気に入りブログ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2009年 05月 ( 3 )   > この月の画像一覧

孫たちによる再演:民主党代表選に思う

本日、鳩山由紀夫氏が民主党の進代表に選ばれました。以下に朝日新聞から記事を転載します

(転載貼り付けはじめ)

民主党新代表に鳩山氏、岡田氏に29票勝る

2009年5月16日14時34分

 民主党は16日、東京都内のホテルで両院議員総会による代表選を行い、鳩山由紀夫幹事長(62)を新代表に選んだ。党所属国会議員による投票の結果、鳩山氏が124票を獲得し、95票の岡田克也副代表(55)に29票差をつけて勝利した。

 新代表の任期は、小沢代表の残り任期である来年9月まで。政権交代をかけた総選挙を前に、偽メール問題や西松建設の違法献金事件をめぐる党の危機に対し、幹事長として切り盛りした鳩山氏の「安定感」が評価された。鳩山氏は、旧自由党との新党構想をめぐる混乱の責任により、02年12月に辞任して以来の復帰。

 代表選は、鳩山氏が自らの支持グループ(約30人)や小沢氏の支持グループ(約50人)を足場に幅広く支持を固め、優勢に進めてきた。これに対し、岡田氏は前原誠司副代表の支持グループ(約20人)や野田佳彦広報委員長の支持グループ(同)などからの支援を足がかりに、態度を決めていない中間層の取り込みを図った。

 この日の両院議員総会の政見スピーチで、鳩山氏は「挙党一致体制の中で政権交代を果たし、愛、包容力のあふれた社会を作っていくために全力を傾注しようではないか」と呼びかけた。さらに、代表選で初めて実施されたディベート(討論)では「包容力のある鳩山になりたい」と支持を求めるなど、「刷新」を強調した岡田氏をも取り込む戦略で優位を保ち、勝利した。

 鳩山氏は、岡田氏について「枢要なポストで頑張っていただきたい」と処遇する考えを示しており、小沢氏も重要ポストに起用する意向だ。


(転載貼り付け終わり)

これで、吉田茂の孫、麻生太郎と、鳩山一郎の孫、鳩山由紀夫の対決という図式になりました。鳩山一郎は、吉田自由党に対する、鳩山民主党という構図で、国民的な人気を得て、吉田茂を破り、首相になりました。そして、日ソ共同宣言を生み出しました。鳩山一郎は脳梗塞で再起不能と言われながら、首相になりましたが、そこには、三木武吉の存在がありました。三木は吉田自由党を破るために、権謀術策を駆使し、「嘘も本気で言えば真実になる」という気迫で、暗躍していました。そして、鳩山が首相になった後、保守合同のため、仇敵となった自由党の大野万睦をかき口説きました。そして、自由民主党結党後、癌で亡くなりました。

政権交代のために、鳩山には裏で動く存在が必要です。それが小沢一郎だと思います。彼が、三木武吉になったとき、政権交代の実現性が高まると思います。ただ、三木と小沢ではタイプが違うので難しいところもあるでしょう。

政権交代という劇が再び、孫たちによって再演されると発想するのは、日本的、浪花節的ですね。歌舞伎じゃないんだから、とも思いますが。書いている本人が日本土人では致し方ないですね。
[PR]
by Hfurumura | 2009-05-16 16:12

新型インフルエンザは人が作り出した生物兵器

新型インフルエンザは、やはりアメリカが作った生物兵器の一つだったようです。それをメキシコに打ち込んで、メキシコをめちゃくちゃにしました。メキシコだけに感染者、死者が多いのはやはり、アメリカが国境沿いに散布したからです。想像でしかありませんが、アメリカの国境警備隊や税関(イミグレーション)は、アメリカ国内における感染拡大を防ぐということで、メキシコからの人々の流入を差別的に制限しているはずです。また、メキシコへのネガティブキャンペーンはすごいです。

 日本でも「メキシコでだけ感染が拡大し、死者が多いのは、医療体制が劣悪であり、また医療保険がないので、貧しい人々が病院に行けないためだ。メキシコは遅れた国だ」という感じの報道がなされました。アメリカにも医療保険がない人々が6000万人くらいいるのですから、死者が増えているはずです。しかし、ほとんど報告されていないのは、情報が隠されているか、アメリカ国内には撒き散らしていないからでしょう。アメリカはメキシコに最近戦争(ジャーム・ウォー)を仕掛けたのです。バカみたいなことを言うようですが、アメリカが作り出した経済危機と新型インフルエンザで、世界中に迷惑をかけておいて、何が世界帝国なのでしょう。以下に時事通信の記事を転載貼り付けします。

(転載貼り付けはじめ)

人為ミスでウイルス発生? 新型インフルWHOも調査
 【ジュネーブ13日共同】世界的な感染拡大が続いている新型インフルエンザのウイルスについてオーストラリアの研究者が「人為的なミスで発生した可能性がある」との説を主張、世界保健機関(WHO)が各国の保健当局に調査を依頼するなどの騒ぎになっている。
 「人為ウイルス説」を主張したのはオーストラリアのベテラン科学者(75)で、抗ウイルス薬タミフルの開発にかかわったこともある人物という。カナダ通信などによるとこの研究者は、新型インフルエンザウイルス(H1N1型)が、ウイルスの培養やワクチン製造に使われる鶏卵の中で、偶然出来上がった可能性があると指摘。WHO報道官によると、WHOはこの説を先週末ごろ受け取り、日米欧の保健当局や研究機関に調査を依頼したが結論は出ていないとしている。
 イタリアのANSA通信によると、WHOの依頼を受けた国連食糧農業機関(FAO)のウイルス研究者は「人為的にできたという説は根拠が不十分」などとしている。
2009/05/13 21:52 【共同通信】

(転載貼り付け終わり)
[PR]
by hfurumura | 2009-05-14 11:25

小沢一郎民主党代表の代表職辞任発表

一昨日、依頼されていた仕事がひと段落つき、少しホッとしていましたら、小沢一郎・民主党代表が代表職からの辞任を発表しました。来るべき総選挙に向けての挙党一致体制の構築のための辞任と述べていました。その顔には笑みも浮かび、大変に堂々とした態度でした。ある記者が離党、議員辞職の可能性について質問していましたが、そんな馬鹿な質問を鎧袖一触(がいしゅういっしょく)していました。

朝日新聞から辞任を伝える記事を以下に転載します。

(転載貼り付けはじめ)

民主新代表、16日にも選出へ 小沢氏、代表の辞任表明
2009年5月12日0時52分

 民主党の小沢一郎代表(66)は11日夕、党本部で記者会見し、代表辞任の意向を表明した。公設第1秘書が西松建設からの違法献金事件で3月に起訴されて以来、辞任論が収まらず、次の総選挙で政権交代をめざすには挙党態勢を立て直す必要があると判断した。後任選びは、小沢執行部に距離を置き、若手を中心に待望論が広がる元代表の岡田克也副代表を軸に展開しそうだ。
 民主党執行部は12日の党役員会と常任幹事会で辞任を了承し、16日にも両院議員総会で新代表を選出したい意向だ。13日に予定されていた麻生首相との党首討論は見送られる見通し。昨秋の麻生政権発足から続いた「麻生首相VS.小沢代表」の構図が崩れたことで、与野党双方の総選挙戦略に影響を与えそうだ。
 小沢氏は11日の会見で、辞任理由について「挙党一致態勢をより強固にするため」と説明。議員辞職や離党の考えがないことも明らかにした。辞任後の行動については「私も挙党態勢の一員として最前線で戦い続けたい」と述べ、新体制に協力する姿勢を強調した。ただ、西松建設事件に関する詳しい説明や反省の弁は今回もなかった。一方、鳩山由紀夫幹事長も11日夜、代表選後に幹事長を辞める意向を明らかにした。
 与党が13日に想定する補正予算案の衆院通過後、民主党執行部は代表選を速やかに行う方針。鳩山氏は11日夜、「できるだけスムーズな形で選挙を堂々と行い、国民に民主党の新しい姿をみていただきたい」と記者団に語った。
 代表選には、政治改革推進本部長として世襲制限や企業・団体献金の全面禁止をとりまとめた岡田氏をはじめ、鳩山氏、菅直人代表代行ら代表経験者の再登板を求める声もある。新体制発足後、ただちにマニフェスト(政権公約)をはじめ、政権戦略の立て直しを迫られることになる。小沢氏の代表辞任後の処遇については、総選挙を取り仕切る本部長などの役職で起用する案もとりざたされている。
 小沢氏は3月3日に公設第1秘書が逮捕されて以降、一貫して検察の捜査手法を批判。自ら企業・団体献金の全面禁止を打ち出すなどダメージ回復を図ってきた。党内からの辞任論に対しては、政権交代への意欲を強調して「総選挙で勝利できるかどうかを最終的な判断基準とする」と説明。自発的辞任に含みも残していた。
 小沢氏は秘書が起訴された3月24日に続投を表明。しかし、党内の辞任圧力はむしろ強まった。さらに新体制で立て直す準備期間を確保する必要から、小沢氏と距離を置く前原誠司副代表や仙谷由人元政調会長らが早期の決断を要求。結局、収まらない辞任論に抗しきれなかった。
 小沢氏は06年4月、偽メール問題をきっかけとした前原誠司氏辞任に伴う代表選で菅直人氏を破り、代表に就任。直後の衆院千葉7区補選で劣勢を覆して勝利し、党勢を回復させた。07年参院選で与野党逆転を実現させ、昨秋の代表選で無投票3選。選挙区調整などを一手に担い、「次の首相」候補として総選挙を戦う予定だった。
 一方、麻生首相は11日、「解散・総選挙は補正予算が通ることが大前提。小沢氏の辞任と直接関係しない」と記者団に語り、補正予算成立を最優先する考えを強調した。与党も首相の意向を受け、補正や重要法案を早期に成立させて衆院解散の環境を整える戦略に変わりはない。13日に補正予算案と関連法案を衆院通過させ、6月3日までの今国会を7月中・下旬まで延長してでも成立させる方針だ。
 ただ、与党内には民主党の新代表に対する世論の反応を見極めようという声も広がっている。解散・総選挙は、衆院議員の任期満了の9月10日に近づくとの見方も出始めた。

(転載貼り付け終わり)

国民からの辞任要求の高まり、支持率の低下が辞任の本当の理由だ、と主張する人々も、テレビニュースなどで見ます。マスコミの世論調査をその材料にしているのですが、そんなものを信用するのは馬鹿げています。「マスコミがある意見を垂れ流す→それを踏まえて世論調査をする→そのマスコミの意見に影響された人が、マスコミが書いている通りを喋る」という流れなのです。ですから、世論調査とは、「マスコミが自分たちの書いた通りのことをどれくらいの人が同じように話してくれるか」の調査でしかありません。また、そんな世論調査から得られたデータを基にしたものを使って、何か難しいことを言っても、それは間違っていることが多いのです。私は、少なくとも、国民が小沢氏に辞任を求めていたという主張には疑問を持ちます。

検察はこれで鬼の首を獲った、と喜んでいるのでしょうか。それとも、自分たちの悪事がばれないので、当座のところはホッとしているのでしょうか。観たことはありませんが、故黒澤明監督の作品に「悪い奴ほどよく眠る」というタイトルの映画があるそうです。彼らはしばらく枕を高くして眠ることができるでしょう。

民主党が政権を取ったら、まず、官僚組織の大改革を行うべきだと思います。日本の国益に反する官僚たちを追い出すことが大切だと思います。しかし、逃げているみたいで自分でも情けないことですが、アメリカとの関係を持っている官僚たちもある程度温存すべきではないかと思います。ここで、いつも馬鹿みたいに考えが止まってしまうのですが。
[PR]
by hfurumura | 2009-05-13 14:23