翻訳、評論の分野で活動するSNSI研究員の古村治彦のブログ
by Hfurumura
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
カテゴリ
全体
スポーツ
社会
アメリカ政治
宣伝
国際政治
pivot to Asia
中国政治
福島
日本政治
個人的なこと
学問
未分類
以前の記事
2013年 11月
2013年 10月
2013年 07月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
お気に入りブログ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2009年 07月 ( 13 )   > この月の画像一覧

どうもすいません

『メルトダウン 金融溶解』(トーマス・ウッズ著、副島隆彦監訳・解説、古村治彦訳、ロン・ポール序文、成甲書房)の店頭販売が開始されました。

新宿にある紀伊国屋書店本店に行ってみたところ、各所に、平積みされていました。やはり嬉しいです。多くの皆様のおかげで、ここまで来ることができました。ありがとうございます。今後もよろしくお願いいたします。

ウェブサイト「副島隆彦の学問道場」http://soejima.toでも販売いたしております。こちらもよろしくお願いいたします。
c0196137_2030871.jpg

[PR]
by Hfurumura | 2009-07-31 20:30

しつこくしつこく

ラグビーのタックルのように、しつこく宣伝し続けます。

『メルトダウン 金融溶解』(トーマス・ウッズ著、副島隆彦監訳・解説、古村治彦訳、ロン・ポール序文、成甲書房、2009年7月31日)の予約販売が開始され、約1週間が経ちました。

おかげさまで、アマゾンでは、カテゴリー別で1位を獲得しております。ありがとうございます。もうすぐ、書店での店頭販売が開始されます。

どうぞよろしくお願いいたします。
c0196137_20504100.jpg


ウェブサイト「副島隆彦の論文教室」もよろしくお願いいたします。
http://soejimaronbun.sakura.ne.jp/
[PR]
by Hfurumura | 2009-07-29 20:50

宣伝ばっかり

ウェブサイト「副島隆彦の学問道場」の「今日のぼやき」広報ページに『メルトダウン 金融溶解』(トーマス・ウッズ著、副島隆彦監訳・解説、古村治彦訳、ロン・ポール序文、成甲書房)の宣伝が掲載されました。日本の最高の若手評論家の一人である、中田安彦(アルルの男・ヒロシ)先生が宣伝文を書いてくださいました。アドレスは以下のとおりです。

http://snsi-j.jp/boyakif/diary.cgi

よろしくお願いいたします。来週末には、書店での店頭販売が開始されます。インターネット上の書籍販売サイトでは予約販売が開始されています。お買い上げのほど、よろしくお願いいたします。

c0196137_0345373.jpg

[PR]
by Hfurumura | 2009-07-26 00:35

NHKさん。。。

今、NHKで、アメリカの駐日大使についてのニュースをやってみました。ルース大使が議会の公聴会に出席したことを報じていました。「未知数」、「日米関係は重要なのに大丈夫か」ということを言ってしました。

歴代の駐日大使がいかに大物だったかを振り返っていましたが、ハワード・ベイカーの部分で、映像が、ジェイムズ・ベーカーになっていました。そりゃ、ジェイムズ・ベーカーは大物だけど、駐日大使はやってないですよ。

ルース大使が小者である、という論調は分かりますが、ハワードとジェイムズを間違うようでは説得力がありません。NHKは頑張ってもらいたいです。
[PR]
by Hfurumura | 2009-07-24 21:46

実物をもらうと嬉しさもひとしお(宣伝)

本日、『メルトダウン 金融溶解』(トーマス・ウッズ著、副島隆彦監訳・解説、古村治彦訳、ロン・ポール序文、2009年7月31日、成甲書房)の見本本が出来上がりました。発売前に、見本が出版社に送られてくるのです。そこで、実物を初めて見ることができるのです。

表紙のデザインは見ることができていたのですが、実物を手にすると、重さや手触りを感じることができ、嬉しさもひとしおでした。

c0196137_18405138.jpg


本屋さんに出回るのは来週金曜日からですが、すでに予約販売が開始されています。ぜひともよろしくお願いいたします。

アマゾン:http://www.amazon.co.jp
[PR]
by Hfurumura | 2009-07-24 18:42

『メルトダウン 金融溶解』発売決定(宣伝)

私が翻訳し、副島隆彦先生が監訳、解説をされました本がいよいよ発売される運びとなりました。

『メルトダウン 金融溶解』(副島隆彦・監訳、解説:古村治彦・訳:ロン・ポール・序文、成甲書房、2009年7月31日)

c0196137_0375485.jpg


アマゾンなど、インターネット上の書籍販売サイトでは、すでに予約が始まっております。どうぞ、お読みください。翻訳し終わった後、副島先生に監訳していただきました。その過程で、先生から、ご懇篤なご指導をいただき、翻訳の難しさを学びましたが、「平易な、分かりやすい日本語にする」コツをつかんだように思います。

昨年からの世界金融危機がどうして起こったのかを、FRBを中心にして書いてある本です。

どうぞよろしくお願いいたします。
[PR]
by Hfurumura | 2009-07-23 00:44

政権交代

本日、衆議院が解散され、総選挙が、8月18日公示、8月30日投票と決定されました。

政権交代と天変地異には何か関係があるようです。思い起こせば、1993年、非自民連立政権が樹立されました。8月6日、衆議院で細川護煕が首相に指名されたとき、鹿児島市内周辺で、豪雨により、洪水、土砂崩れが発生しました。今日、山口県防府市で鉄砲水が発生しました。

全くの偶然だとは思いますが、異常気象と政権交代は歴史でも良く語られるところです。中国では王朝が倒れ(易姓革命)、日本でも元号が変わりました。

いよいよ政権交代、ですね。
[PR]
by Hfurumura | 2009-07-22 01:09

気になる記事を貼り付けます

気になる記事を転載貼り付けしておきたいと思います。ウォール街では、ゴールドマンサックスとJPモルガンが勝ち組と決まったようです。

(転載貼り付けはじめ)

Two Giants Emerge From Wall Street Ruins

Jessica Ebelhar/The New York Times

JPMorgan Chase posted a $2.7 billion quarterly profit on Thursday, showing its turnaround.

Published: July 16, 2009

A new order is emerging on Wall Street after the worst crisis since the Great Depression — one in which just a couple of victors are starting to tower over the handful of financial titans that used to dominate the industry.

On Thursday, JPMorgan Chase became the latest big bank to announce stellar second-quarter earnings. Its $2.7 billion profit, after record gains for Goldman Sachs, underscores how the government’s effort to halt a collapse has also set the stage for a narrowing concentration of financial power.

“One theme here is that Goldman Sachs and JPMorgan really have emerged as the winners, as the last of the survivors,” said Robert Reich, a professor at the University of California, Berkeley, who was secretary of labor in the Clinton administration.

Both banks now stand astride post-bailout Wall Street, having benefited from billions of dollars in taxpayer support and cheap government financing to climb over banks that continue to struggle. They are capitalizing on the turmoil in financial markets and their rivals’ weakness to pull in billions in trading profits.

For the most part, the worst of the financial crisis seems to be over. Yet other large banks, including Citigroup and Bank of America, are still struggling to return to health. Both are expected to report a more profitable quarter on Friday, but a spate of management changes and looming losses from credit cards and commercial real estate have thwarted a stronger recovery.

And then there are the legions of regional and small banks that are falling in greater numbers across the country. While many have racked up large losses, they stand to bleed more red ink if the recession wears on. Fifty-three have failed this year, and the Federal Deposit Insurance Corporation is girding for scores to follow.

Uncertainties over the economy mean that Goldman and JPMorgan may be enjoying a fragile dominance, industry experts said. JPMorgan reported big declines in its consumer business on Thursday, and it has set aside more than $30 billion to cover future losses from surging credit card charge-offs and mortgage and home equity losses.

“Nobody is through this until unemployment turns around,” said Moshe Orenbuch, a Credit Suisse banking analyst.

And if regulation being considered in Washington is passed, banks would face new limits on the amount of their own capital they may trade. That could limit the profits that banks like Goldman and JPMorgan make from their trading businesses, and level the playing field, experts say.

Other former Wall Street stars like Morgan Stanley, which was hurt more by the crisis and has avoided taking big risks in the new era, may also rebound and begin to take on old rivals.

But for now, Goldman Sachs and JPMorgan are surging. “The stronger players are positioned to take advantage of the crisis and they will dominate clearly in the near term,” said James Reichbach, the head of Deloitte’s United States financial practice.

JPMorgan’s renewed strength, like Goldman’s, comes as it vaults ahead of longtime rivals, especially in investment banking, including bond and equity trading, and underwriting debt to help companies issue shares and bonds. Traders took advantage of big market swings and less competition to post big gains in fixed-income and equities.

Michael J. Cavanagh, the chief financial officer at JPMorgan, said its profit and fees from this business were “a record for us in a quarter and a record for anybody at any firm in any quarter.” The bank, he added, was “so very proud of those results.”

It has also profited from the demise of weaker banks to enlarge its market share in mortgages and retail banking. On Tuesday, as the CIT Group, a lender to many small businesses, negotiated with the government to avoid collapse, JPMorgan signaled that it was watching.

“It would be an opportunity for us in these states if CIT was unable to continue lending to borrowers,” Tom Kelly, a spokesman at Chase, was quoted by Dow Jones Newswires as saying.

And revenue from the retail bank Washington Mutual, which JPMorgan acquired last fall, is starting to help earnings. Morgan is also profiting from its government-assisted purchase of Bear Stearns last year. JPMorgan is now No. 1 globally in equity and debt capital markets, according to Dealogic.

Amid the surge, Jamie Dimon, JPMorgan’s chief executive, has cemented his status as one of America’s most powerful and outspoken bankers. He has vocally distanced himself from the government’s financial support, calling the $25 billion in taxpayer money the bank received in December a “scarlet letter” and pushing with Goldman Sachs, Morgan Stanley and others to repay the money swiftly. Those three banks repaid the money last month.

Yet JPMorgan’s transformation into one of the industry’s strongest players is underpinned by the shelter it received from the government: The bank used the money as a cushion until it was able to raise new capital. “There is no doubt all of us benefited from the government help — all of us,” said a senior executive at another Wall Street bank.

A spokesman for JPMorgan said the bank accepted aid at the request of the government but would not comment beyond that.

Few banks have undergone such a turnaround. Only a few years ago, JPMorgan was struggling after years of poor management and a failure to digest a series of big acquisitions. But under Mr. Dimon, it cut costs and strengthened its balance sheet.

The payoff began last year. With the industry teetering on the verge of collapse, JPMorgan snapped up Bear Stearns in March 2008 and Washington Mutual last fall in two government-assisted transactions. Clients say that its growing dominance has given it more leverage to charge for lending and other services.

After aggressively lobbying to repay its taxpayer money, Mr. Dimon has also been driving a hard bargain over the repurchase of warrants the government received from the bank last autumn in exchange for taxpayer support. JPMorgan is now planning to let the Treasury Department auction off the warrants to private investors after the two sides failed to agree on a price.

Mr. Dimon is also gearing up for a series of battles in Washington. One is over tighter regulations for derivatives, a business where the bank generates lucrative fees as one of the industry’s largest players.

Another is the creation of a new consumer protection agency, which could threaten the profitability of the bank’s mortgage and credit card businesses if it introduces tougher regulations.

JPMorgan’s stock has risen 20 percent since early March. It closed Thursday at $35.76.

Eric Dash and David Jolly contributed reporting.

(転載貼り付け終わり)
[PR]
by Hfurumura | 2009-07-17 20:17

オールスターゲーム

本日、アメリカのメジャーリーグのオールスターゲームがセントルイスで行われました。セントルイスは、アメリカ中西部のゲートウェイと呼ばれ、人気チームのセントルイス・カージナルスの本拠地です。カージナルスには、昔、田口壮外野手が在籍していました。

今回のオールスターゲームでは、オバマ大統領が始球式を行いました。オバマ大統領は、シカゴ・ホワイトソックスのスタジアムジャンパーを着ていました。シカゴには、シカゴ・カブスとシカゴ・ホワイトソックスがあります。カブスには現在、福留孝介外野手が在籍しています。ホワイトソックスには、高津信吾投手、井口忠資内野手が過去に在籍していました。この2チームは、ファン層が分かれていて、カブスは中流以上、ホワイトソックスはそれ以下、という感じに大まかに分かれます。スタジアムの位置も北と南で分かれていて、ホワイトソックスのUSセルラーフィールドはシカゴの南部にあります。

オバマ大統領がシカゴ・ホワイトソックスのファンである、ということは、シカゴのサウスサイドに住む、貧しい人々や黒人に気を遣っている、ということを示しています。ハワイ生まれで、ハーバード卒のオバマ大統領が、小さい時からホワイトソックスのファンであるはずがありません(その頃は人気のない、駄目なチームでしたし)。いろいろな意図があってのファン宣言なのです。

それにしても、日本では、セ・パの交流戦が始まって以降、オールスターの価値が下がったと言われています。「せっかく休めるのに、選ばれて迷惑」という風潮も一部にあるようです(中日と巨人)。「日本では」もう止めてしまった方が良いと思います。続けても悲しいだけです。

数年前の4月にシカゴを訪問したことがありますが、その日は、シカゴ・カブスの地元開幕戦の日でした。ホテルでは全従業員がカブスの帽子をかぶっていましたし、カブスの旗がたくさんはためいていました。ベースボールは文化の虚飾をうまく施された興行だ、という思いが強くなりました。

オバマ大統領も、そんなベースボールをうまく利用しています。ベースボールにはそれほどの力があるのです。日本ではこれほどのものを見つけることはできません。関西地区における阪神はまた別だと思いますが。
[PR]
by Hfurumura | 2009-07-15 19:50

官僚たちの夏

今日の午後、TBSで、先週放送された「官僚たちの夏」第一話の再放送がありました。ついつい見てしまいました。所々でのセリフや行動が大変面白かったです。

佐藤浩市扮する主人公(官僚)に対して、池田隼人らしき政治家(与党の幹事長)が壮大な計画(国民車構想)を実現するなら、政治家になれ、と言ったときに、「私は政治家になるつもりはない。通産官僚として国家のために政策を実行していく。ときには政治家をも動かしていく」というセリフ(うろ覚えなので正確ではありません)を言っていました。これは、日本が、戦後でも、民主国家ではなかったことを示しています。チャルマーズ・ジョンソン・カリフォルニア大学名誉教授のMITI and the Japanese Miracleそのままです。そして、こうした官僚主導型のモデルは、developmental state modelやbureaucratic authoritarianism
となっていきました。今後、この部分について書いていければと思います。日本の官僚には4つのタイプがあることなどもアメリカで発表されています。主人公たちは、「国士型」に分類されると思います。

私の誤解かもしれませんし、小説なのでまぁ良いのですが、池田隼人らしき政治家が、「僕も通産官僚だった」みたいなことを言っていましたが、もし池田隼人がベースになっているのなら、池田は、大蔵省出身のはずです。まぁ、私の聞き違いでしょうね。

また、キャリア官僚にとって出世が最も大切なのだということが分かりました。どんな官僚も次官になることが夢であるようです。そして、二人の官僚が出てくるのですが、二人とも野心を持っているのに、次官レースから脱落したということにされました。それが面白いことに、二人とも、アメリカとカナダに転勤になるのです。「国内にいないと次官レースからは脱落」という不文律があったようです。今は、ほとんどのキャリア官僚が海外に行くのでしょう。しかし、不思議だったのは、今みたいに海外に行く機会など、ほとんど恵まれない時代に海外に派遣される官僚が次官レースから脱落するというのはおかしいですね。明治時代は、多くの優秀な人々を海外に留学させていたはずです。

これはどうしてなのかと考えています。ここからは仮定の話です。通産省は、海外に留学や勤務をすることで、海外勢力のエージェントになってしまう官僚をトップにすることがないようにしたのではないかと思います。自己免疫機能(immunity)と言うべきでしょうか。アメリカで洗脳されるために犠牲になると言うべきか、分かりませんが、組織防衛の側面があったのではないかと思います。ドラマでは、島流しという表現を使っていましたが、それは当てはまらないと思います。

以上、調子に乗って書いてしまいました。
[PR]
by Hfurumura | 2009-07-13 02:19 | 日本政治