翻訳、評論の分野で活動するSNSI研究員の古村治彦のブログ
by Hfurumura
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
カテゴリ
全体
スポーツ
社会
アメリカ政治
宣伝
国際政治
pivot to Asia
中国政治
福島
日本政治
個人的なこと
学問
未分類
以前の記事
2013年 11月
2013年 10月
2013年 07月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
お気に入りブログ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2009年 10月 ( 5 )   > この月の画像一覧

落語界

昨日、落語会に行って参りました。立川志らく師の弟子で、二つ目の立川志ら乃さんの独演会です。

「元犬」、「八五郎出世(妾馬)」、新作(ゲーム落語)「ドラゴンクエスト」、それぞれ大変面白かったです。

「元犬」、「八五郎出世」は好きな話でしたし、立川流の解釈によって、分かり良い内容になっていました。大爆笑を誘うような噺ではないんですが、敢えてこの二つを高座にかける、というところに、志ら乃さんの充実ぶりを感じました。えらそうですいません。時事ネタの作りもよく練られていて、面白かったし、勉強にもなりました。

志ら乃さんを見ていて、勢いのついたときの、目、顔、話ぶりが若い時の談志師によく似ているなぁ、という印象を受けました。志ら乃さんは、師匠の志らく師や談春師(旧立川ボーイズ)に続いて、立川流の本流を受け継ぎながら、さらに発展させていける方だと思います。談志師が体調を崩されている状況で、弟子の皆さん方には、努力を続けていただけたら、と思います。

次は、私の高校、大学の先輩、白酒師の高座に行きたいと思います。
[PR]
by Hfurumura | 2009-10-06 10:37

中川昭一氏亡くなる

中川昭一元財務大臣が本日、亡くなったそうです。

驚きました。父親の一郎氏も大変不可解な亡くなり方をしたので、何と言っていいか分かりません。

ローマでの酩酊(させられた)会見が原因で、今回の総選挙で落選させられるという悲劇に見舞われました。

中川氏は立派な政治家でした。これはまさに殉死というべきではないかと思います。選挙区の人々に対するインタビューを見ましたが、有権者というのはつくづく残酷だと思うばかりでした。そして、アメリカべったりのマスコミに殺されたと言えるでしょう。

まとまりがなくてすいません。
[PR]
by Hfurumura | 2009-10-04 12:04 | 日本政治

2016年夏季オリンピック

東京は残念ながら落選しました。最初に落ちたのがシカゴで、次が東京でした。マドリードとリオデジャネイロによる決選投票は終わりましたが、今の段階ではまだ結果が発表されていません。

シカゴはオバマ大統領とミシェル夫人を擁していながら、最初に落選というのは、驚きです。アメリカ政府による財政保証がなかったのが敗因と言われていますが、アメリカで言えば、5回連続で落選です。アメリカはスポーツ大国ですから、政府の財政保証がなくても、マーケティングをやって成功させることができたはずです。
また、アフリカ諸国のIOC委員たちはアメリカびいきだったと言われていました。

東京の落選は仕方がないにしても、シカゴが先に落選というのは、裏に何かありそうですね。IOCには黒人の委員が少ないんでしょうかね。それでシカゴに票が行かなかったんでしょうか。

マドリードの裏には、オリンピックを商業化したサマランチがいて、今でも隠然たる力があるので、それが影響したのでしょう。しかし、たぶん、リオデジャネイロに決まるでしょう。BRICsの一国として、中国に続いて、オリンピックをやるというシナリオではないかと思います。中国は「オリンピックと万博」のセット。ブラジルは「ワールドカップとオリンピック」のセットではないかと思います。

国際政治と関連していると考えると、そうなりますね。
[PR]
by Hfurumura | 2009-10-03 01:45

ブラタモリ

NHKで放送された「ブラタモリ」の第一回の放送を見ました。

タモリとNHKの女性アナウンサーが町をブラブラするという趣旨で、今回は早稲田を取り上げていました。

タモリ(いつもはタモリ先輩と呼びますが)というと、やはり早稲田のイメージが強いんでしょうか。それにしても、私も学生時代に歩いていたところばかりなのに、ただぼんやりと歩いていて、あんなに深い場所だったとは知りませんでした。縄文時代は海だったんだなんて。キッチン南海が昔、喫茶店だったなんて。

僕が所属していた会も、今はない第二学生会館前の喫茶店「エース」を溜まり場にしていました。昼から夕方まで、入れ替わり立ち替わり、学生が来るわけです。連絡ノートがあって、いろいろと書いていました。夕方、まとめて清算して、飲みに行ったり、飯を食いに行ったりしてました。

神田川から椿山荘のあたりは春になると桜がとてもきれいで、よくブラブラしていました。胸突坂の横には駐車場があって、そこは夜になると、猫の皆さんが集まっておられました。早稲田のあたりは、猫が多い場所だったように思います。人間と猫がそれぞれダラダラ過ごすのに最高の場所なのではないかと思います。

タモリが最後に「教養なんて無くて良いんだけど、大人の遊び道具だから、あったら楽しい」と言っていました。感心するのは野暮なのかもしれないけど、とても感動しました。

それにしてもNHKは不思議なところですね。NHKとは視聴者の皆様からお金をいただいて、番組をお見せしているのに、早稲田のPVなんてね。
[PR]
by Hfurumura | 2009-10-01 23:22

遅れましたが

先週の日曜日(いや今週でしょうか)、高尾山に行って参りました。

登山であれば健康的で良かったんでしょうが、話題のビヤガーデンが9月一杯で
今年は終わりということで、行ってみました。

高尾山口まで新宿から約50分で着きました。電車賃は370円ということで、以外とお手軽に
行くことができるのだなぁと驚きました。実際に行ってみたら良く分かります。

ビヤガーデンは飲み物と食べ物の種類が大変豊富で値段も3000円台ということで、満足
できました。

昼から夕方にかけて行きましたので、話題の夜景は見ることができませんでした。それでも、
さすが、高尾山、素晴らしい眺望でした。

まぁ、一番おいしかったのは、空気ということになるでしょうか。

話題はガラッと変わりますが、この頃、テレビに手相を見る芸人さんがよく出ているのですが、
その人が言う、「KY線」という線が自分の掌にも確認できました。掌の整形はないものでしょうか。
[PR]
by Hfurumura | 2009-10-01 09:31