翻訳、評論の分野で活動するSNSI研究員の古村治彦のブログ
by Hfurumura
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
カテゴリ
全体
スポーツ
社会
アメリカ政治
宣伝
国際政治
pivot to Asia
中国政治
福島
日本政治
個人的なこと
学問
未分類
以前の記事
2013年 11月
2013年 10月
2013年 07月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
お気に入りブログ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


みんなの党は抜け目がないが自力でそこまではできないはずだ

みんなの党が、立ち上がれ日本の中川義雄参議院議員の長男である中川賢一氏を擁立しました。父親の義雄氏は、比例で立候補ですから直接戦うということにはなりませんが、父親の地盤である北海道を息子が奪いに行くという図式になります。

みんなの党は、大変期待を持たれていますが、宮城県で、民主党の選対本部長だった人物を擁立し、今回は親子を引き裂くような形で中川氏を擁立しました。選挙は死人が出ない(たまに出ますが)戦争だとは言え、こうしたことは感心できません。

党が違うのだから世襲ではないと言いますが、「中川一郎の甥、中川昭一のいとこ、中川義雄の長男」であることは、大変な看板です。「中川」という名字だけですでに十分なほどの利益を得ています。

みんなの党は、ネットで一部言われているように、自民党、特に清和会、森喜朗氏との関係の深さが指摘されています。みんなの党は潰れていく自民党に代わる保守勢力として党勢を伸ばしてゆくでしょう。立ち上がれ日本が民主党、特に小沢氏との関係が深いことを考えると、代理戦争(プロキシーウォー)の様相を呈することになります。

それにしてもみんなの党は抜け目のない候補者の擁立を行っていますが、これも自民党からの間接的な支援がなければできないと思うのですが、どうでしょうか。


(新聞記事転載貼り付けはじめ)

「中川賢一氏出馬表明 自民は保守分裂懸念」

2010年5月18日付 十勝毎日新聞電子版

 みんなの党の渡辺喜美代表は17日午後7時半、札幌市内のホテルで会見し、夏の参院選道選挙区(改選数2)に元道職員で中川義雄参院議員(72)の長男中川賢一氏(43)を、党公認で擁立すると正式に表明した。中川賢一氏は「道州制を研究する中で、みんなの党の『地域主権型の道州制』に賛同した」と語った。たちあがれ日本公認で参院選比例代表に出馬予定の義雄氏との連携に関して、渡辺代表は「おやじはおやじ、せがれはせがれ。別々の政党から出るのだから、アジェンダ(政策目標)が別ということで、連携はあり得ない」と否定した。

 中川氏は「シンガポール勤務時代、外から北海道を見て、もっと北海道をアジアに売り込まなければ−と思ったが、さまざまな国の規制があり、物足りなさを感じていた」と説明。「渡辺代表からアドバイスを受け、自分の思いを実現するのはみんなの党だと確信した」と語った。

 義雄氏に対しては「専門分野も得意とするものも、産業や市場に対する考え方も同じではない。『政治家の子供だからといって世継ぎ的にできるものではない』と聞かされており、政治家を目指すのであれば、自分なりの方法でやらなければならないと思っていた」と述べた。

 北海道の農業政策については、「輸出産業に育てたい。効率化を図り遊休農地を活用して生産性を高め、輸出することで、その資金が還流し農業に再投資できるというビジネスの考えを取り入れたい」と抱負を語った。

 渡辺代表は「自民はだめ、でも民主にはがっかりという人が多い中で『第三極』を提供したことは大変な意義がある。中川さんは名乗りを上げた覚悟の人。無党派層に訴えれば必ず勝てる」と述べた。

 中川賢一氏は1967年札幌市生まれ。札幌南高、東北大卒。89年に北海道拓殖銀行に入行、94年に道職員に転身。道シンガポール事務所副所長などを歴任。道経済部観光局国際企画室主査を最後に、16日付で退職。

 参院選道選挙区には民主党の徳永エリ氏(48)、藤川雅司氏(53)、自民党の長谷川岳氏(39)、共産党の畠山和也氏(38)、幸福実現党の大林誠氏(37)が出馬を予定している。

■民主も警戒
 参院選道選挙区で中川義雄氏の長男賢一氏が正式に出馬表明したことで、十勝の自民党内には保守分裂を懸念する声が広がっている。みんなの党は無党派層の受け皿として支持拡大を狙っており、2議席独占を目指す民主党の関係者も警戒感を強めている。

 みんなの党帯広市第1支部の大塚徹支部長は「無党派層や既存政党に飽き足りない人に訴える。組織がないのでマスコミ戦略と街頭演説を積み重ねるしかないが、帯広では自民支持層の反応が良く驚いている」と語る。

 自民党道11選挙区支部の清水誠一支部長は「(賢一氏)本人と話をしておらず、どういう考え方なのか分からない。道選挙区で長谷川氏を推すのは変わらない」と強調。同支部は比例代表で自民、公明候補と並び義雄氏も支援する方針だが、支部内には保守層の分散を加速させる中川親子の動きに困惑が広がる。

 賢一氏の出馬は保守層の分裂を招くのは必至だが、無党派層の動向によっては民主陣営にも波及。民主党十勝の池本柳次代表代行は「影響はないとは言えない。(賢一氏の出馬は)降ってわいた話で予測していなかったが、藤川、徳永両氏の完勝に全力を尽くす」と語る。

 徳永氏を推薦した新党大地の鈴木宗男十勝総連合後援会の赤津寛一郎会長は「激戦になる。他党の動向は気にせず徳永氏への支援に集中するだけ」とする。

 道選挙区で畠山和也氏を擁立する共産党十勝地区委員会の佐藤糸江委員長は「新たな党から新たな人が出るのは自由だが結局は自民と変わらない。ぶれない共産を訴えたい」としている。

(新聞記事転載貼り付け終わり)

c0196137_17421679.jpg

[PR]
by Hfurumura | 2010-05-18 17:42 | 日本政治
<< 『バーナード・マドフ事件』の宣... 『バーナード・マドフ事件』の宣... >>