翻訳、評論の分野で活動するSNSI研究員の古村治彦のブログ
by Hfurumura
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
カテゴリ
全体
スポーツ
社会
アメリカ政治
宣伝
国際政治
pivot to Asia
中国政治
福島
日本政治
個人的なこと
学問
未分類
以前の記事
2013年 11月
2013年 10月
2013年 07月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
お気に入りブログ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


ウィットにユーモアに簡潔さですよね

参議院本会議で、鳩山由紀夫首相が、野党の女性議員から「ルーピー」というヤジを飛ばされたということがニュースになっています。産経新聞は、「ルーピーは前代未聞だ」と書いていますが、「良く言った」という内容が行間からにじみ出ていますね。野党の女性参議院議員でこんなに元気が良くて、声が通るというと、あの人か、この人か候補は挙げられますが、自分から名乗り出ないと分かりませんね(それはそうですね)。

ヤジは不規則発言であり、議院の名誉と品格を傷つける行為、とされていますが、同時に議場の花とも言われています。ヤジはこれまでにも様々な事件の発端となってきました。松波健四郎・前衆議院議員(自民)が野党席に向かって水をかけた事件がありましたが、あれもヤジが発端でした。

昔、自民党には、長崎県選出の松田九郎氏という代議士がいて、ヤジ将軍として独特の存在感を保持していました。彼の場合は独特のだみ声と長崎なまりで、品性に欠けるヤジを飛ばしていたので、野党は懲罰に相当するといつも怒っていましたが、自民党側は黙認(もっとやれ)でした。懐かしいですね。

尾崎行雄の高橋是清に対するヤジのような、切れ味鋭い、議場の花にふさわしいものは近頃、とんと聞きません。今回の場合、ヤジはまぁ置いておくとして、その言葉が問題ですね。

鳩山首相を「ルーピー」と書いたのは、アメリカの有力紙ワシントンポスト紙のコラムニストです。日本の政治家なら、まずは、「外国の記者が日本の首相をルーピー呼ばわりは失礼ではないか」とそんな言葉を使うのを拒否してほしいものです。喜々として「ルーピー、ルーピー」と叫び続けるのは、自分の知性がかなり低いことを喧伝しているようなものです。

政治家の言葉は大変に重要で、重いものであり、彼らの武器となるものです。それは与野党関係ありません。日本国民の負託を受けて、選挙で票を入れてもらって活動する以上、それくらいの気構えがなければなりません。そうであるのに、事情も良く分かっていない外国の一コラムニストが興味本位で、目立ちたがり精神で使った言葉を自分も一緒になって使う。情けないとは思いませんか。あなたの武器はそんなものですか。

子供のころ、「バカ」って言われて、「人のことをバカっていう奴がバカ」って言っていましたよね。国会は学級会ではないので、もっとふさわしい言葉でヤジってもらいたい。国民からヤジを募ってはどうですか。いやこれはダメか。衆議院規則に違反するかな。

静かな議場もどうかと思うけど、ルーピーな(「現実と変に遊離した」)議場はもっといただけませんよ。

(新聞記事転載貼り付けはじめ)

国会で鳩山首相に「ルーピー」のヤジ 女性の大声、与党は「失礼だ」

2010年5月21日付 MSN産経ニュース

 21日午前の参院本会議で、鳩山由紀夫首相が地球温暖化対策基本法案の答弁に立った際、野党議員とみられる女性の大声で「ルーピー」とヤジを飛ばされる場面があった。

 「ルーピー」とは、米紙ワシントン・ポストが4月に首相を酷評する際に使用した言葉で、「愚か」「気が変な」などと訳される。首相をルーピーと書いた同紙記者は「現実と変に遊離した」という意味だと解説している。

 すでに、首相夫妻をモデルにしたルーピーTシャツなども発売されており、今回、とうとう国会のヤジでも登場した。国会では、普段からさまざまなヤジが飛び交うが、ルーピーは前代未聞だ。さすがに与党議員からは「失礼だ」との声が出ていた。

(新聞記事転載貼り付け終わり)

『バーナード・マドフ事件 アメリカ巨大金融詐欺の全容』は、こちらからお求めいただけます。

c0196137_12294590.jpg


c0196137_1230716.jpg

[PR]
by Hfurumura | 2010-05-21 12:30 | 日本政治
<< 国土回復運動は大事業だと思う 民主党スポーツ議連発足(遅すぎ... >>