翻訳、評論の分野で活動するSNSI研究員の古村治彦のブログ
by Hfurumura
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
カテゴリ
全体
スポーツ
社会
アメリカ政治
宣伝
国際政治
pivot to Asia
中国政治
福島
日本政治
個人的なこと
学問
未分類
以前の記事
2013年 11月
2013年 10月
2013年 07月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
お気に入りブログ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


社民支持も実は日本のためになる

福島瑞穂消費者・少子化担当大臣(参議院議員・社民党党首)が沖縄を訪問し、普天間基地問題で、辺野古への移設に改めて反対し、「辺野古という文字が入った合意なら閣議決定でも閣議了解でも署名はしない」と宣言したということです。

簡潔に述べるなら、もし福島氏がそのような態度を取るならば、大臣を辞職するか、罷免されねばならないということです。そうなると、社民党から出ている副大臣、政務官(数はそう多くはありませんが)もまた辞職するということになると思います。そして、閣外協力という形に転じて、普天間基地の問題だけは反対するということになります。政治家の言葉と決断は重たいわけですから、内閣の長である総理大臣の意向に沿えない場合は辞任するしかありません。

しかし、この問題はそんなに大きな問題ではありません。議会運営上、厳しい面があるかもしれませんが、閣外協力さえ維持できるなら議会運営も何とかなります。社民党はそうした立場を日本で代表する政党ですから、内部では色々あっても反対を貫かねばなりません。またそうすべきです。だからと言って、閣内不一致だとか、政権に衝撃を与えるという程の事ではありません。

内閣の閣僚が政治献金や選挙で違反をしていて辞任するなら大変ですが、それでも歴代内閣は続いてきた場合がほとんどです。小泉内閣、安倍内閣、福田内閣、麻生内閣などを見ていくと、農相などは可哀そうなくらい辞任が続きました。だからと言って倒閣にはなりませんでした。

そしてもっと言うと、社民党は反対の立場を明確にし、参議院選挙で少しでも党勢を拡大した方が日本のためになります。これは私が社民党支持だから言うのではありません。社民党が基地問題で反対の軸となり、今度の参議院選挙を戦い、ある一定の票数を獲得することで、アメリカに対して、日本国民のある一定の数は強固に反対していることを示すことになります。これが核になって、消極的に安保に賛成している大多数の日本人が反対に回った場合、あなた方はどうするんですか、ということが言えます。

「アメリカは辺野古移設という勝利を得たでしょうが、それでかえって日米同盟、日米安保を危機に陥れるのですか」ということになります。ここから交渉の長い道のりの第一歩が始まると思います。社民党は曲がりなりにも伝統ある政党ですから、反対勢力の取りまとめとして一定の勢力を持ってもらうことが実は外交交渉で重要だと思います。

福島氏は自覚的なのか、無自覚なのか分かりませんが、今のような行動をしていけば良いのだと思います。


(新聞記事転載貼り付けはじめ)

「辺野古移設反対、知事に明言 社民・福島氏が沖縄訪問」

2010年5月25日付 朝日新聞電子版

 社民党の福島瑞穂党首(消費者・少子化担当相)は25日、沖縄県を訪問し、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設問題をめぐって仲井真弘多(なかいま・ひろかず)知事と会談した。福島氏は鳩山由紀夫首相が表明した「辺野古」移設を拒否するよう要請。閣内で移設に関する閣議決定や閣議了解、首相談話のいずれにも反対する考えを表明した。

 一方、鳩山首相は同日夜、記者団に対して「閣議で何らかのことを決めていかなければならない」と語り、移設案を閣議にはかることを初めて明言した。閣内の意見統一ができなければ、福島氏の閣僚としての進退論に発展する可能性も出てきた。

 福島氏はこの日、沖縄県庁で仲井真氏と会談。普天間飛行場の「国外・県外移設」の必要性を説明した上で、「沖縄県と社民党が手をつなぎ、歴史を変えましょう」と呼びかけた。仲井真氏は「頑張って欲しい」と応じた。

 福島氏は伊波洋一宜野湾市長や稲嶺進名護市長とも会談。名護市内で開いた記者会見では「辺野古という文字が入った合意なら閣議決定でも閣議了解でも署名はしない」と宣言。首相談話についても「反対する」と語った。

 ただ、連立離脱については「離脱するかしないかが争点ではなく、辺野古に新たな基地をつくらせないよう頑張って欲しいとの沖縄の民意をしっかり受け止める」と述べるにとどめた。

 福島氏の沖縄訪問について、首相は「社民党の代表として沖縄に赴かれ、そして仲井真知事と懇談された」と一定の理解は示した。だが、岡田克也外相は記者会見で「内閣の一員として、総理が大変厳しい決断をされたことに一定の配慮があってしかるべきではないか」と語るなど、閣内からは批判が出ている。

 一方、民主党内では「社民党を連立離脱に追い込むべきではない」(幹部)との声があがる。参院選直前のこの時期に連立の枠組みが変わるようなことになれば、終盤国会の運営や政権運営に影響が出るのは避けられない。

 こうした中、野党側は「閣内不一致」と批判を強めている。自民党の大島理森幹事長は25日の記者会見で「福島さんは大臣と党首を兼ねている。政府の方針に反対なら、閣僚を辞して行動するのは当然のことだ」と指摘。福島氏の不信任案提出も検討している。

(新聞記事転載貼り付け終わり)

『バーナード・マドフ事件』のお求めは、こちら/a>からどうぞ。

c0196137_23271345.jpg

[PR]
by Hfurumura | 2010-05-25 23:27 | 日本政治
<< 3党合意を実際に読んでみよう 帝国側で怯えのようなものを感じ... >>