翻訳、評論の分野で活動するSNSI研究員の古村治彦のブログ
by Hfurumura
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
カテゴリ
全体
スポーツ
社会
アメリカ政治
宣伝
国際政治
pivot to Asia
中国政治
福島
日本政治
個人的なこと
学問
未分類
以前の記事
2013年 11月
2013年 10月
2013年 07月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
お気に入りブログ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


2010年 05月 28日 ( 1 )

属国であることを認めながら、それでも嘆かずに交渉を続けよう

現在、鳩山由紀夫首相が日米合意についての政府方針に反対し続けた、福島瑞穂消費者・少子化担当大臣(参議院・社民党)を罷免しました。平野博文官房長官が大臣を兼務することになりました。

まず、日本国民全体で共通でもっておきたい認識は、日本はアメリカの属国である、ということです。ですから、こちらがいくら何か言っても、アメリカが応じなければ何も決まらないし、得られないということです。アメリカが何かこちらの言うことを聞く場合は、それがアメリカの利益になるか、もしくは将来もっと大きなことをさせるためです。

今回、昨年政権交代によって誕生した鳩山首相は、記者会見で、これまで県外、国外移転に向けて努力をしてきたが、それを果たせなかった、言葉を守ることができなかったと陳謝しています。属国側のリーダーである鳩山首相は敗れ去りました。そのことを素直に認め、国民に陳謝しました。まずはこのことを評価すべきです。

鳩山首相の行動によって、私たちは沖縄に目を向けて考えるようになりました。沖縄の人々が真剣に抗議し、抵抗することへの驚きと驚愕がありました。これまでも沖縄の人たちは抵抗してきたのでしょうが、残りの国民は真剣に取り合わず、きちんと見ていなかったので、抗議も届きませんでした。

社民党は筋を通して、自分たちの節を曲げなかったという点で、大変に信頼を置ける政党になりました。前回自民党との連立政権に入った時、節を曲げて、自分たちで勢力を小さなものにしてしまいました。今回の行動は批判もあるでしょうが、立派だったと思います。しかし、ここまでやればもう充分です。

自分たちのメンツや意地のために連立から離脱することだけは避けてもらいたいと思います。社民党は、この問題では民主党と相いれないかもしれないが、他の政策では十分に一緒にやっていけます。またその方が国民のためです。社民党が代表している国民がいます。その人たちが望むことを実行するためには与党にいることは重要です。また、野党になったとして、自民党や共産党と何か一致するものがありますか?野党の中で埋没し、選挙で戦えなくなります。それだったら、何を言われても国民のために政権に残ってもらいたいと思います。

そして、与党に一員である社民党が、選挙で第三極の政党と対抗すべきなのです。自民もいや、民主もいやという有権者が今回相当増えました。それならば、与党における社民党の勢力を増やせば影響力となり、もっと国民が望む政策が実行されやすくなります。ですから、社民党は連立を維持しながら、民主離れした有権者たちの受け皿となるように努力すべきです。

そして、政権の中で存在感を大きくすることで、アメリカとの交渉で、日本側のレバレッジとなるようにすべきです。社民党の支持が増えた。社民党を支持した人たちは、急に日米安保をどうこう言うつもりはない。そこが共産党とは違う。しかし、交渉を続けて、負担を少しずつ減らしていきたいと思っている。この声をアメリカ側が無視するなら、日米同盟に疑問を持つ人はますます増えるし、昔のように直接行動に出ることだってある。このようなオプションを日本側が社民党という形で持つことで交渉する力が増えます。

ですから、私は今度の参議院選挙で社民党が勢力を伸ばすことを願っています。

そして、民主党、鳩山政権を私は支持し続けるべきだと思います。まず、鳩山首相が記者会見で述べていたように、官僚たちがどれほど、鳩山首相の邪魔をしていたか、首相が情報管理について記者会見で述べねばならないほどでありました。これは自分の上司である、国民が選んだ鳩山首相への妨害であり、国民に対する反逆です。官僚たちはそれほど腐っているのです。

鳩山、小沢両氏の改革によって、実体のある民主政体を実現し、日本国民の利益のために動かない官僚や政治家たちを追い落とす革命が今行われています。ですから、民主党にはここしばらく与党でいて欲しいと思っています。

(新聞記事転載貼り付けはじめ)

「鳩山首相、福島消費者相を罷免 辺野古移転の反対めぐり」

2010年5月28日付 朝日新聞電子版

 鳩山由紀夫首相は28日、連立政権を組む社民党党首の福島瑞穂・消費者担当相を罷免した。米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移転先を同県名護市の辺野古周辺とする政府方針に、福島氏が応じなかったため。

 福島氏が担当していた消費者担当相、少子化担当相、男女共同参画担当相は、平野博文官房長官が兼務する。


「「罷免は沖縄を切り捨てること」 福島氏、鳩山首相を批判」

2010年5月28日付 MSN産経ニュース

消費者・少子化担当相の罷免を受け会見する社民党の福島党首=5月28日午後、社民党本部(三尾郁恵撮影) 普天間飛行場移設問題をめぐる政府方針への署名を拒否して罷免された社民党党首の福島瑞穂消費者・少子化担当相は28日夜、記者会見を開き、「沖縄を裏切ることはできない。数々の犠牲を払った沖縄に負担を強いることに加担することはできない。私を罷免することは沖縄を裏切り、切り捨てることだ」と述べ、福島氏を罷免した鳩山由紀夫首相を強く批判した。

 また、社民党の連立政権離脱を含む今後の対応については、「30日の全国幹事長会議で十分議論して決める」と述べた。

(新聞記事転載貼り付け終わり)

『バーナード・マドフ事件』のお求めは、こちらからどうぞ。

c0196137_22263772.jpg

[PR]
by Hfurumura | 2010-05-28 22:26 | 日本政治